検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画における地上からの調査研究段階(第1段階)研究成果報告書; 分冊「深地層の科学的研究」

Horonobe Underground Research Laboratory project synthesis of phase I investigations 2001-2005 volume "Geoscientific Research"

太田 久仁雄; 阿部 寛信; 山口 雄大; 國丸 貴紀; 石井 英一 ; 操上 広志; 戸村 豪治; 柴野 一則; 濱 克宏; 松井 裕哉; 新里 忠史; 高橋 一晴; 丹生屋 純夫; 大原 英史; 浅森 浩一; 森岡 宏之; 舟木 泰智; 茂田 直孝; 福島 龍朗

Ota, Kunio; Abe, Hironobu; Yamaguchi, Takehiro; Kunimaru, Takanori; Ishii, Eiichi; Kurikami, Hiroshi; Tomura, Goji; Shibano, Kazunori; Hama, Katsuhiro; Matsui, Hiroya; Niizato, Tadafumi; Takahashi, Kazuharu; Niunoya, Sumio; Ohara, Hidefumi; Asamori, Koichi; Morioka, Hiroshi; Funaki, Hironori; Shigeta, Naotaka; Fukushima, Tatsuo

幌延深地層研究計画は、北海道幌延町で進めている堆積岩を対象とした深地層の研究施設であり、第1段階「地上からの調査研究段階」,第2段階「坑道掘削時の調査研究段階」,第3段階「地下施設での調査研究段階」の3段階で20年程度かけて進めているプロジェクトである。本計画では、「深地層の科学的研究」と「地層処分研究開発」の二つの分野の研究開発を進めている。本報告書は、深地層の科学的研究について、第1段階における調査研究の成果を取りまとめたものである。本報告書では、「研究所設置場所の選定プロセス」,「研究所設置地区及びその周辺における調査研究」,「深地層における工学技術の基礎の開発」、及び「地下施設建設に伴う周辺環境への影響調査」に関する具体的な調査内容と結果を示し、第1段階における調査研究の目標に対する達成度を評価するとともに、今後の課題を明らかにした。また、本報告書でまとめた成果は、地層処分技術の知識基盤として整備されるばかりでなく、処分事業と安全規制の両面を支える技術基盤の強化を図っていくうえで、有効に活用されるものである。

The Horonobe URL Project started in 2000. Research and development activities are planned over three phases, that will span a total duration of about 20 years: the 1st surface-based investigarion phase (6 years), the 2nd URL construction phase (8 years) and rhe 3rd operation phase (12 years). Geological, geophysical, geo-mechanical, hydrogeological, and hydro-geochemical investigations have been carried out during the surface-based investigation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.