検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Recent improvement and verification of DARWIN; Development of a new DAQ system and results of flight experiment

次世代型放射線モニタDARWINの最近の改良

佐藤 達彦; 佐藤 大樹; 遠藤 章; 執行 信寛*; 保田 浩志*; 高田 真志*; 矢島 千秋*; 中村 尚司

Sato, Tatsuhiko; Satoh, Daiki; Endo, Akira; Shigyo, Nobuhiro*; Yasuda, Hiroshi*; Takada, Masashi*; Yajima, Kazuaki*; Nakamura, Takashi

高エネルギー加速器施設や核燃料再処理施設の作業環境など、中性子・光子など多種類の放射線が混在する複合放射線場における被ばく線量を的確に測定可能な放射線モニタDARWINを開発している。DARWINは、以下に示す4つの特徴を有する。(1)1台で幅広いエネルギーの中性子・光子・$$mu$$粒子による線量を同時かつリアルタイムで測定可能,(2)高精度及び従来の中性子モニタと比べて10倍以上の高感度,(3)ユーザーフレンドリーなインターフェイスによる高い操作性,(4)軽量。本発表では、その基本的な特性について詳しく説明するとともに、スペクトル導出モードなど、最近追加したDARWINの新しい機能について紹介する。

The details of the features of DARWIN will be presented at the meeting, together with the recent improvements of the system such as the implementation of the function for estimating neutron spectra using the unfolding technique.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:88.49

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.