検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

An Update about recent development of the PHITS code

粒子輸送計算コードPHITSの最近の改良

Sihver, L.*; 佐藤 達彦  ; Gustafsson, K.*; Mancusi, D.*; 岩瀬 広*; 仁井田 浩二*; 中島 宏; 坂本 幸夫; 岩元 洋介  ; 松田 規宏 

Sihver, L.*; Sato, Tatsuhiko; Gustafsson, K.*; Mancusi, D.*; Iwase, Hiroshi*; Niita, Koji*; Nakashima, Hiroshi; Sakamoto, Yukio; Iwamoto, Yosuke; Matsuda, Norihiro

宇宙開発分野にも応用可能な汎用放射線輸送計算コードPHITSの最新の開発・利用状況について報告する。具体的には、PHITSが従来使用していた重イオン核反応モデルJQMDに、相対論的な共分散を組み込んだ新しい重イオン核反応モデルR-JQMDのベンチマーク計算結果について紹介する。また、大気圏内における宇宙線被ばく線量計算ソフトウェアEXPACSの詳細について説明する。EXPACSは、PHITSを用いて計算した大気圏内における宇宙線スペクトルを再現可能な解析モデルPARMAを基本としたソフトウェアであり、緯度・経度・高度・時間情報を与えれば、その条件に対する宇宙線被ばく線量を瞬時に計算することができる。さらに、PHITSを用いた宇宙機遮へい設計の例として、船壁の素材や厚さの違いによる宇宙機内の被ばく線量率変化に対する検討結果について報告する。

We will first present the current status of the General-Purpose Particle and Heavy-Ion Transport code System (PHITS). In particular, we will describe benchmarking of calculated cross sections against measurements; we will introduce a relativistically covariant version of JQMD, called R-JQMD, that features an improved ground-state initialization algorithm, and we will show heavy-ion charge-changing cross sections simulated with R-JQMD and compare them to experimental data and to results predicted by the JQMD model.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:79.62

分野:Engineering, Aerospace

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.