検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Energy spectra of bremsstrahlung X-rays emitted from an FRP insulator

FRPからの制動放射X線のエネルギースペクトル

田中 豊; 池田 佳隆; 花田 磨砂也; 小林 薫; 鎌田 正輝; 木崎 雅志; 秋野 昇; 山納 康*; 小林 信一*; Grisham, L. R.*

Tanaka, Yutaka; Ikeda, Yoshitaka; Hanada, Masaya; Kobayashi, Kaoru; Kamada, Masaki; Kisaki, Masashi; Akino, Noboru; Yamano, Yasushi*; Kobayashi, Shinichi*; Grisham, L. R.*

JT-60負イオン源の耐電圧は、FRP絶縁体の真空沿面放電により制限されていることが示唆されており、耐電圧改善には真空沿面放電の理解が必要である。真空沿面放電では、電子エネルギーが重要なパラメータであるものの、計測が困難なために、電子のエネルギーはほとんど実測されていなかった。そこで、本研究では、FRP沿面から放射された制動放射X線のエネルギー分布を測定し、それから電子のエネルギーを評価し、電子の挙動を明らかにした。FRP沿面からのX線のエネルギースペクトルを、3か所の視線において計測し、電極間放電のスペクトルと比較した。アノード付近のX線スペクトルは、電極間の場合と似ており、単一エネルギー電子によるものであることが判明した。カソード付近のX線スペクトルは、アノード付近と比べ、ピーク位置が低エネルギー側にシフトしていた。これは、カソード近傍における低エネルギー電子の生成を示すものである。

Voltage holding capability of the JT-60 negative ion source is limited by surface flashover on the FRP insulator. To improve the voltage holding capability of the ion source, the understanding of the surface flashover is required. In this study, electron energy is estimated by measuring the bremsstrahlung X-ray emitted from an FRP insulator. Energy spectra of X-ray were measured for 3 different positions and compared with those of the vacuum gap between electrodes. Near the anode, X-ray spectrum was dominated by the monoenergetic electron. Near the cathode, spectrum peak shifted to low energy compared with that near the anode. This result showed that a large amount of low energy electrons was generated on the surface of the FRP insulator near the cathode.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:94.21

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.