検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluating and categorizing the reliability of distribution coefficient values in the sorption database, 4

収着データベースに登録された収着分配係数の信頼度評価,4

陶山 忠宏; Ganter, C.*; Kunze, S.*; 舘 幸男; Ochs, M.*

Suyama, Tadahiro; Ganter, C.*; Kunze, S.*; Tachi, Yukio; Ochs, M.*

放射性廃棄物の地層処分安全評価において、人工バリアであるベントナイトや天然バリアである岩石中での核種の収着現象は、核種の移行遅延を支配する重要な現象である。日本原子力研究開発機構(JAEA)では、バッチ法収着試験によって得られた収着分配係数を公開文献から抽出・整理して、収着データベース(JAEA-SDB)として整備を進めてきた。将来の性能評価におけるニーズへの対応を念頭に、データベースに含まれるKdデータの信頼度評価、実際の地質環境に対するKd設定におけるデータベース適用に着目して、データベースの改良・更新を継続的に実施してきている。本報告書では、JAEA-SDBに含まれる重要核種(Th, Np, Am, Se, Cs)のKdデータのうち、地質環境に広く存在する凝灰岩系岩石を対象として、これまで報告してきた信頼度評価手法に従って評価を実施した。その結果として、560のKdデータに対して、新たな信頼度情報が付与された。この信頼度評価手法は、収着データベースから利用可能な関連データ群を速やかに抽出し、Kdデータ設定の際に参照すべきデータを適切に選定するうえで、有効な手法となると考えられる。

Sorption of radionuclides in bentonites and rocks is one of the key processes in the safe geological disposal of radioactive waste. JAEA has developed sorption database (JAEA-SDB) which includes extensive compilation of sorption Kd data. JAEA has been continuing to update the SDB in view of potential future data needs, focusing on assuring the quality level and practical applications to Kd-setting for the geological environment. In this report, the QA/classification of selected entries in the JAEA-SDB, focusing on key radionuclides (Th, Np, Am, Se and Cs) sorption on tuff existing widely in geological environment, was done following the approach/guideline defined in our previous report. As a result, the reliability of 560 Kd values was evaluated and classified. This classification scheme is expected to make it possible to obtain quick overview of the available data from the SDB, and to have suitable access to the respective data for Kd-setting in PA.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.