検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故にかかわる特別環境放射線モニタリング結果; 中間報告(空間線量率, 空気中放射性物質濃度, 降下じん中放射性物質濃度)

Results of the environmental radiation monitoring following the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant; Interim report (Ambient radiation dose rate, radioactivity concentration in the air and radioactivity concentration in the fallout)

古田 定昭; 住谷 秀一; 渡辺 均; 中野 政尚; 今泉 謙二; 竹安 正則; 中田 陽; 藤田 博喜; 水谷 朋子; 森澤 正人; 國分 祐司; 河野 恭彦; 永岡 美佳; 横山 裕也; 外間 智規; 磯崎 徳重; 根本 正史; 檜山 佳典; 小沼 利光; 加藤 千明; 倉知 保

Furuta, Sadaaki; Sumiya, Shuichi; Watanabe, Hitoshi; Nakano, Masanao; Imaizumi, Kenji; Takeyasu, Masanori; Nakada, Akira; Fujita, Hiroki; Mizutani, Tomoko; Morisawa, Masato; Kokubun, Yuji; Kono, Takahiko; Nagaoka, Mika; Yokoyama, Hiroya; Hokama, Tomonori; Isozaki, Tokuju; Nemoto, Masashi; Hiyama, Yoshinori; Onuma, Toshimitsu; Kato, Chiaki; Kurachi, Tamotsu

東京電力福島第一原子力発電所事故への対応として、核燃料サイクル工学研究所において特別環境放射線モニタリングを実施した。本報告は、平成23年5月31日までに得られた空間線量率,空気中放射性物質濃度,降下じん中放射性物質濃度の測定結果、並びに気象観測結果について速報的にとりまとめた。空間線量率は、3月15日7時過ぎ、3月16日5時過ぎ、及び3月21日4時過ぎに、数千nGy/hほどの3つのピークがある上昇を示した。空気中放射性物質濃度及び降下量は、空間線量率と同様な経時変化を示した。空気中のI-131/Cs-137の濃度比は、100程度まで上昇した。揮発性のTe-132, Cs-134, Cs-137は、3月30日以降定量下限値未満となった。Te-132とCsの揮発性/粒子状の濃度比は、濃度が上昇した際、値が小さくなった。3月15日から4月15日の1か月間の降下量は、Cs-137について、チェルノブイリ事故時に同敷地内で観測された降下量と比較して約100倍であった。吸入摂取による内部被ばくにかかわる線量を試算した結果、暫定値として、成人及び小児の実効線量はそれぞれ0.6mSv, 0.9mSv、甲状腺の等価線量はそれぞれ8mSv, 20mSvと見積もられた。

As a correspondence to the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, the environmental radiation monitoring was performed at the Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories, JAEA. This report presented the measurement results of ambient radiation dose rate, radioactivity concentration in the air and radioactivity concentration in fallout and meteorological observation result until May 31, 2011. The ambient radiation dose rate increased, with the peak dose rate of several thousand nGy/h at 7 o'clock in March 15, at 5 o'clock in March 16, and at 4 o'clock in March 21. The variation on the radioactivity concentration in the air and in fallout showed the almost same tendency as that of the dose rate. The concentration ratio of I-131/Cs-137 in the air increased to about 100. The dose was estimated resulting from internal exposure due to inhalation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.