検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of spatial evaluation test-chart and high resolution optical system for neutron imaging

中性子イメージング技術における分解能評価用テストチャートの作成と高分解能光学系の開発

酒井 卓郎; 安田 良; 飯倉 寛; 野島 健大; 松林 政仁; 江夏 昌志; 佐藤 隆博; 大久保 猛; 石井 保行; 高野 勝昌*

Sakai, Takuro; Yasuda, Ryo; Iikura, Hiroshi; Nojima, Takehiro; Matsubayashi, Masahito; Koka, Masashi; Sato, Takahiro; Okubo, Takeru; Ishii, Yasuyuki; Takano, Katsuyoshi*

中性子ラジオグラフィ技術を高度化するため、空間分解能を高精度で測定するためのテストチャートと高解像度を有する光学系の開発を行った。前者においては、高崎量子応用研究所の走査型プロトンマイクロビームを用いて最小幅ミクロンのラインペアの作製に成功した。後者においては、F値3を有する等倍率(1:1)のビデオカメラ用の光学レンズであり、光学解像度が5ミクロン以下であることを確認した。中性子ラジオグラフィ実験において最初の撮影試験を行った結果、30ミクロン幅のラインペアの分離を確認できた。今後、中性子を可視光に変換する蛍光コンバーターの高解像度化と合わせて、10ミクロン程度の空間分解能達成を目指す予定である。

Improvement of spatial resolution is one of the most energetic issues on neutron radiography. In this paper, we introduce two novel devices for the imaging technique. One is the spatial evaluation test-chart that is manufactured by using proton scanning microbeam. The finest lines are 3 micron in width. Another is high resolution optical lens for video camera systems. The lens system has 1:1 magnification and the F value of 3. The optical resolution is less than 5 micron.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.