検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

結晶構造・微細組織構造によって生じる塑性異方性の素過程に関する計算科学的検討

Computational study on anisotropic plasticity caused by crystal structure and microstructure

都留 智仁  ; 青柳 吉輝*; 下川 智嗣*; 山口 正剛  ; 板倉 充洋 ; 蕪木 英雄; 加治 芳行 ; Chrzan, D. C.*

Tsuru, Tomohito; Aoyagi, Yoshiteru*; Shimokawa, Tomotsugu*; Yamaguchi, Masatake; Itakura, Mitsuhiro; Kaburaki, Hideo; Kaji, Yoshiyuki; Chrzan, D. C.*

構造材料の軽量化は省エネルギーにおける重要課題であり、軽量のマグネシウム(Mg)合金の実用化が期待されている。しかし、六方晶Mgの強い塑性異方性は、実用化を阻む致命的な問題となっている。また、強加工によって得られる超微細組織材料において、引張圧縮異方性や繰り返し変形による塑性異方性が確認されている。本研究では、金属材料の構造因子(1)や微細組織(2)によって生じる塑性異方性の素過程についてそれぞれ原子シミュレーションに基づく検討を行う。この研究は、日本金属学会2015年春期(第156回)講演大会において基調講演として発表されるものである。

Magnesium alloys, one of the lightest metal alloys among metals in practical use, have great potential for next generation of structural materials. Ultrafine-grained metals have been desired to improve strength without allowing. However these materials have crucial disadvantages in practical use in that the elongation-to-failure is relatively low due to the strong anisotropy in plastic deformation of the hexagonal crystal. In this study we investigate the origin of plastic anisotropy caused by crystal structure and microstructure by computational approach.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.