検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリニアックチョッパシステムの開発,2

Development of RF chopper system at J-PARC Linac, 2

平野 耕一郎; 近藤 恭弘; 川根 祐輔; 篠崎 信一; 三浦 昭彦; 森下 卓俊; 澤邊 祐希; 杉村 高志*; 内藤 富士雄*; Fang, Z.*; 福井 佑治*; 二ツ川 健太*; 丸田 朋史*; 宮尾 智章*

Hirano, Koichiro; Kondo, Yasuhiro; Kawane, Yusuke; Shinozaki, Shinichi; Miura, Akihiko; Morishita, Takatoshi; Sawabe, Yuki; Sugimura, Takashi*; Naito, Fujio*; Fang, Z.*; Fukui, Yuji*; Futatsukawa, Kenta*; Maruta, Tomofumi*; Miyao, Tomoaki*

J-PARC加速器リニアックの運転には、ビーム電流を50mAに増強する必要があるため、2014年にJ-PARCリニアックのイオン源、RFQ、及び、MEBT1の改造を行った。RFチョパ空洞とビームスクレーパがRFQとDTLの間にあるMEBT1の領域に設置されている。50mAビーム運転においてビームロスが増加するため、電極の間隔やビームパイプの内径を拡げた新RFチョッパ空洞を製作して、置き換えを行った。また、RFチョッパによって蹴られた高負荷ビームを受けるため、2台の新しいスクレーパを設置した。本件では、RFチョッパシステムとスクレーパのビーム照射試験結果について報告する。

Two RF-deflecting cavities as a chopper and a beam scraper have been used in the MEBT1 between a 324 MHz RFQ and a 50-MeV DTL of the J-PARC Linac. We replaced with a newly fabricated RF chopper to decrease beam loss for the operation with 50 mA. We installed two new scrapers to absorb the higher power of the deflected beam by the RF chopper. This paper describes the RF chopper system and beam irradiation test results of the scraper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.