検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

サイクロイド型磁気秩序を示すUPtGeのPt-NMRによる研究

Pt-NMR study on UPtGe

徳永 陽; 仲村 愛*; 青木 大*; 服部 泰佑; 酒井 宏典; 神戸 振作; 本多 史憲*; 本間 佳哉*; Li, D.*; 清水 悠晴*

Tokunaga, Yo; Nakamura, Ai*; Aoki, Dai*; Hattori, Taisuke; Sakai, Hironori; Kambe, Shinsaku; Honda, Fuminori*; Homma, Yoshiya*; Li, D.*; Shimizu, Yusei*

ウランを含む強磁性超伝導体UGe$$_2$$,URhGe,UCoGeでは遍歴的なウランの5f電子が強磁性を担い、同時に超伝導にも寄与している。このことは強磁性揺らぎを媒介とした非BCS型の超伝導機構の存在を直感的に示唆している。UPtGeはUCoGeおよびURhGeと類似の結晶構造を持ち、ウラン系では唯一、サイクロイド型の特異な磁気秩序を示す。さらに強磁場磁化過程において多段の磁化異常が存在することが最近報告されている。磁気転移温度は51Kで、秩序したウランの磁気モーメントの大きさは1.1$$sim$$1.4$$mu_B$$である。今回の講演では、UPtGeの単結晶を用いて行ったPt-NMRの結果をもとに、この系の磁気ゆらぎの異方性について議論し、さらにUCoGe, URhGeとの比較を行う予定である。

Uranium (U) based heavy fermion compounds, UGe$$_2$$, UCoGe, and URhGe are the only fully established examples of ferromagnetic superconductors in which uniform superconductivity exists deep inside of the FM state. UPtGe has the same crystal structure with URhGe and UCoGe and shows an antiferromagnetic ordering below $$T_N$$ = 51 K where the ordered moments of U-moments are 1.1$$sim$$1.4$$mu_B$$. We will present the result of our new Pt-NMR study on this compound and discuss the anisotropy of the spin fluctuations in UCoGe, URhGe and UPtGe.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.