検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mesoporous alumina as an effective adsorbent for molybdenum (Mo) toward Instant production of radioisotope for medical use

医療用放射性同位元素生産のためのMo吸着剤としてのメソポーラスアルミナ

Saptiama, I.*; Kaneti, Y. V.*; 鈴木 祐未*; 鈴木 善貴; 土谷 邦彦; 榮 武二*; 高井 公子*; 福光 延吉*; Alothman, Z. A.*; Hossain, M. S. A.*; 有賀 克彦*; 山内 悠輔*

Saptiama, I.*; Kaneti, Y. V.*; Suzuki, Yumi*; Suzuki, Yoshitaka; Tsuchiya, Kunihiko; Sakae, Takeji*; Takai, Kimiko*; Fukumitsu, Nobuyoshi*; Alothman, Z. A.*; Hossain, M. S. A.*; Ariga, Katsuhiko*; Yamauchi, Yusuke*

放射化法における$$^{99}$$Moは比放射能が低いことから、医療用Mo吸着材として高いMo吸着性能を有する材料が求められている。このため、メソポーラス構造を持つアルミナの開発を進めている。本研究では、メソポーラスアルミナ(MA)を開発し、比表面積や結晶構造の違いによるMo吸着性能の評価を行った。この結果、焼結温度の違いによるMAの気孔径や比表面積の違いを明らかにするとともに、Mo溶液の違いによるMo吸着性能を明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:7.51

分野:Chemistry, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.