検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島原発周辺土壌中の$$^{36}$$Clの深度・蓄積量分布

Depth profile and inventory of $$^{36}$$Cl in soil near the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant

太田 祐貴*; 末木 啓介*; 笹 公和*; 高橋 努*; 松中 哲也*; 松村 万寿美*; 戸崎 裕貴*; 本多 真紀*; 細谷 青児*; 高野 健太*; 落合 悠太*; 佐藤 志彦 ; 吉川 英樹; 中間 茂雄; 箕輪 はるか*

Ota, Yuki*; Sueki, Keisuke*; Sasa, Kimikazu*; Takahashi, Tsutomu*; Matsunaka, Tetsuya*; Matsumura, Masumi*; Tosaki, Yuki*; Honda, Maki*; Hosoya, Seiji*; Takano, Kenta*; Ochiai, Yuta*; Satou, Yukihiko; Yoshikawa, Hideki; Nakama, Shigeo; Minowa, Haruka*

福島第一原子力発電所事故により放出された放射性核種に長寿命の$$^{36}$$Cl(半減期: 30.1万年)がある。$$^{36}$$Clは放射性廃棄物の処理の際に土壌中における高い移動能と相まって重要な核種である。しかし、土壌中では無機塩素(Clinorg)が有機塩素(Clorg)に変換・保持されることで、その移動の機構は不明である。本研究では、汚染地域の無機$$^{36}$$Clの深度分布を得ることで$$^{36}$$Clの動態を検討し、事故による$$^{36}$$Cl汚染の程度を検討した。また、5cm表土に含まれる$$^{36}$$Clについても検討した。2017年における深度分布では、$$^{36}$$Cl濃度は表層で最も高くなり、深度とともに緩やかに減少した。一方で、$$^{36}$$Cl/Clはほぼ一定(平均値: 3.24$$pm$$0.55 ($$times$$10$$^{-12}$$))の値を示した。事故前の$$^{36}$$Cl/Clと比べると$$^{36}$$Cl/Clの増加を示し、事故由来の$$^{36}$$Clは土壌3.6g/cm$$^{2}$$(=5cm深)より深く移動していることが分かった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.