検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核燃料サイクルおよび福島第一原子力発電所廃炉への適用を念頭としたレーザー誘起ブレークダウン分光と関連分光技術

Laser-induced breakdown spectroscopy and related resonance spectroscopy for nuclear fuel cycle management and for decommissioning of "Fukushima Daiichi Nuclear Power Station"

若井田 育夫; 大場 弘則; 宮部 昌文; 赤岡 克昭; 大場 正規; 田村 浩司; 佐伯 盛久

Wakaida, Ikuo; Oba, Hironori; Miyabe, Masabumi; Akaoka, Katsuaki; Oba, Masaki; Tamura, Koji; Saeki, Morihisa

レーザー誘起ブレークダウン分光(LIBS)や関連技術である共鳴吸収分光の原子力分野での応用について紹介する。放射性物質を多く含有した次世代低除染MOX燃料への適用や、福島第一原子力発電所の損傷炉内といった高放射線・過酷環境における燃料出渕のその場サーベランスにおいては、光ファイバーを活用したLIBS技術や共鳴吸収分光技術は、遠隔分析手法として最も有力な手法の一つとして期待されている。これらの技術の基本及び性能について現状を紹介し、LIBS技術などの原子力分野への適用についてレビューする。

By Laser Induced Breakdown Spectroscopy and by related resonance spectroscopy, elemental and isotope analysis of Uranium and Plutonium for nuclear fuel materials and in-situ remote analysis under strong radiation condition for melt downed nuclear fuel debris at damaged core in "Fukushima Daiichi Nuclear Power Station", are introduced and performed as one of the application in atomic energy research field.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.