検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射性アルミニウム廃棄物の安定化処理方法の検討

Examination of stabilization treatment method of radioactive aluminum waste

関 美沙紀 ; 石川 幸治*; 永田 寛 ; 大塚 薫 ; 大森 崇純; 鈴木 祐未*; 田仲 睦*; 川上 智彦*; 井手 広史 ; 土谷 邦彦 

Seki, Misaki; Ishikawa, Koji*; Nagata, Hiroshi; Otsuka, Kaoru; Omori, Takazumi; Suzuki, Yumi*; Tanaka, Atsushi*; Kawakami, Tomohiko*; Ide, Hiroshi; Tsuchiya, Kunihiko

通常の放射性雑固体廃棄物はドラム缶内に格納し、充填材を用いて固化体を作製するが、ドラム缶内に健全性を損なう物質を含まないこと等が要件となっている。金属アルミニウム(Al)は、その化学的性質上アルカリ性物質と接触すると水素ガスが発生し、保管施設等の安全な管理に影響することから、難廃棄物とされている。本研究では、JMTRの炉心構造材として、金属Al製中性子反射体を多く使用していることから、バイヤー法を応用したAl安定化処理技術の確立することを目的とし、炉外試験による基本的条件を調べた。その結果、合金の種類によって溶解時間に差はあるが溶解中に加温・撹拌することで大幅に短縮されること、合金に添加されている不純物元素はNaOHに不溶なので分離が可能であること、中和によって生成した水酸化物中には塩が多く含まれること、400$$^{circ}$$C$$sim$$1000$$^{circ}$$Cにて焼成することでアルミナとなることを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.