検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Coprinopsis urticicola Mn-2株により形成するマンガン酸化物へのバリウム及びストロンチウムの吸着

Adsorption of Ba and Sr on Mn oxide produced by Coprinopsis urticicola strain Mn-2

田中 万也 ; 香西 直文  ; 山路 恵子*; 升屋 勇人*; Grambow, B.

Tanaka, Kazuya; Kozai, Naofumi; Yamaji, Keiko*; Masuya, Hayato*; Grambow, B.

人形峠環境技術センターでは、ウラン坑道から流出する坑水中のラジウム226濃度がセンター外への排出基準を超過している。そのため、センター外に排出する前に坑水中に含まれるラジウムを除去する必要がある。本研究では、このようなラジウム除去の予備実験として、坑水中から単離したマンガン酸化菌により形成するマンガン酸化物へのバリウム及びストロンチウムの吸着実験を行った。ストロンチウムとバリウムの吸着量はともにNaCl濃度依存性を示したがその程度はバリウムの方がやや小さかった。すべてのNaCl濃度条件においてバリウムの方がストロンチウムに比べて分配係数Kd(固液濃度比)が一桁程度大きかった。0.01M NaCl溶液でのバリウムのKdは2.0$$times$$10$$^{5}$$ mL/gと高い値を示した。ラジウムとバリウムのイオン半径は類似していることから、ラジウムに対しても同様に高いKd値が期待される。このことから微生物が形成するマンガン酸化物はラジウムを効果的に除去できるものと期待される。

Radium-226 is of serious concern in Ningyo-toge Environmental Engineering Center because its radioactive concentration in mining wastewater exceeds the effluent standard. In this study, we examined Ba and Sr adsorption on biogenic Mn oxide as a preliminary surrogate for Ra adsorption. Both Ba and Sr show the dependence of adsorption on NaCl concentration. Overall, Ba gave an order of magnitude higher Kd values than Sr. Adsorption behavior of Ra would be similar to that of Ba in terms of ionic radius. Barium showed Kd value greater than 10$$^{5}$$ mL/g in 10 mM NaCl solution, similar to the ionic strength of the fresh water system in the Ningyo-toge center. Therefore, it is expected that the biogenic Mn can work effectively for removal of Ra from mining wastewater.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.