検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

光ファイバー発光波長スペクトルのアンフォールディングに基づく一次元放射線分布測定法

One-dimensional radiation distribution sensing method based on wavelength spectrum unfolding of optical fiber

寺阪 祐太  ; 渡辺 賢一*; 瓜谷 章*; 佐藤 優樹 ; 鳥居 建男 ; 若井田 育夫 

Terasaka, Yuta; Watanabe, Kenichi*; Uritani, Akira*; Sato, Yuki; Torii, Tatsuo; Wakaida, Ikuo

福島第一原子力発電所(1F)の廃炉作業を円滑に進めるためには、線量率及び放射性物質の分布を詳細に把握する必要がある。これまでにわれわれは光ファイバーを用いた新しい一次元放射線分布測定法として、ファイバー内での光の減衰量が波長依存であることを利用し、ファイバー片側から波長スペクトルを測定し発光位置分布を逆推定する「波長分解分析法」を提案し、基本的な線源位置分布測定が可能であることを確認した。本発表では波長分解分析法の位置決定精度やファイバーの耐放射線性に基づく適用範囲等について検証した結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.