検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Thermochronology on the fore-arc side of Northeast Japan Arc

熱年代学を用いた北上・阿武隈山地における熱史と削剥史の推定

梶田 侑弥*; 末岡 茂  ; 福田 将眞*  ; 長谷部 徳子*; 田村 明弘*; 森下 知晃*; Kohn, B.*; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Sueoka, Shigeru; Fukuda, Shoma*; Hasebe, Noriko*; Tamura, Akihiro*; Morishita, Tomoaki*; Kohn, B.*; Tagami, Takahiro*

東北日本弧前弧域の北上山地・阿武隈山地の隆起・削剥史の解明のため、アパタイトフィッション・トラック(AFT)法, アパタイト(U-Th)/He(AHe)法を適用した。北上山地では、AFT年代は139.4-78.6Maで東側で若返るのに対し、AHe年代は51.2-36.1Maで西側の1地点を除きほぼ一定であった。阿武隈山地では、AFT年代は75.9-60.1Maを示し畑川断層帯より東側で古くなるのに対して、AHe年代は61.0-40.5Maの比較的まとまった値を示した。AFT年代から求めた削剥速度は、両山地ともすべての地点で0.10mm/yr以下であり、これらの山地は数千万から数億年スケールでは安定な削剥環境にあったと考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.