検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射線環境下での腐食データベース(受託研究)

Database for corrosion under irradiation conditions (Contract research)

佐藤 智徳 ; 端 邦樹 ; 加治 芳行 ; 上野 文義  ; 井上 博之*; 田口 光正*; 清藤 一*; 多田 英司*; 阿部 博志*; 秋山 英二*; 鈴木 俊一*

Sato, Tomonori; Hata, Kuniki; Kaji, Yoshiyuki; Ueno, Fumiyoshi; Inoue, Hiroyuki*; Taguchi, Mitsumasa*; Seito, Hajime*; Tada, Eiji*; Abe, Hiroshi*; Akiyama, Eiji*; Suzuki, Shunichi*

福島第一原子力発電所(以下、1Fという)の廃止措置の着実な推進を考えた場合、様々な課題が存在するが、とりわけ40年にわたり廃止措置を安全かつ継続的に進めるためには、経年的に劣化が進む構造材料の腐食を抑制することが重要である。しかしながら、腐食反応を律速する環境要因に関しては、現状十分にデータが得られている訳ではなく、また、作業の進展に伴い時々刻々と変化し得る。そこで、本研究では、放射線環境下での腐食トラブルの発生可能性、対策等を議論するうえで有用な情報である、ラジオリシスおよび放射線照射下での腐食試験データを、データベースとしてまとめた。さらに、公開されているラジオリシスデータおよび、腐食データに含まれない、1Fの廃止措置で必要となることが想定されるラジオリシスデータと構造材料の腐食データを取得した。

In the implement of the decommissioning of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F), there are many problems to be solved. Specially, the mitigation of the aging degradation by the corrosion of the structural materials is important to implement the decommissioning safely and continuously. However, there are limited data for the environmental factors of corrosion in 1F, and the condition of 1F is continuously changing. So, the literature data for the water radiolysis and the corrosion under irradiation are listed as the database of corrosion under irradiation in this report. And the new obtained radiolysis and corrosion data, which have not been reported in the literature and will be required in the decommissioning of 1F, are reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.