検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ICP-MS/MSによる放射性がれき中$$^{126}$$Snの高感度分析手法の検討

Removal of interferences for ultrasensitive detection of $$^{126}$$Sn in radioactive rubbles by ICP-MS/MS

太田 祐貴; Do, V. K.  ; 古瀬 貴広; 佐野 友一; 岩橋 弘之; 本間 駿太; 一條 祐里奈; 黒澤 きよ子*; 遠藤 翼*; 元木 良明*; 廣沢 孝志 ; 渡辺 将久; 佐藤 宗一 

Ota, Yuki; Do, V. K.; Furuse, Takahiro; Sano, Yuichi; Iwahashi, Hiroyuki; Homma, Shunta; Ichijo, Yurina; Kurosawa, Kiyoko*; Endo, Tsubasa*; Motoki, Yoshiaki*; Hirosawa, Takashi; Watanabe, Masahisa; Sato, Soichi

$$^{126}$$Sn(半減期: 約21万年)は、$$beta$$線放出核種であり長半減期であることから、放射能測定による低い濃度レベルでの定量では煩雑な前処理と長時間の測定を要する。近年開発されたトリプル四重極誘導結合プラズマ質量分析装置(以下、ICP-MS/MS)は、同重体や多原子イオンの影響を効果的に除去でき、簡易な前処理と短時間測定で高感度の分析が可能である。本研究では、ICP-MS/MSによる$$^{126}$$Sn測定条件の最適化を行い、妨害核種の$$^{126}$$Te等によるスペクトル干渉の影響を評価することで、福島第一原子力発電所から発生する放射性がれきを対象とした$$^{126}$$Sn分析に対するICP-MS/MSの適用性を検討した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.