検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 22 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

3D visualization of XFEL beam focusing properties using LiF crystal X-ray detector

Pikuz, T.*; Faenov, A.*; 松岡 健之*; 松山 智至*; 山内 和人*; 尾崎 典雅*; Albertazzi, B.*; 犬伏 雄一*; 矢橋 牧名*; 登野 健介*; et al.

Scientific Reports (Internet), 5, p.17713_1 - 17713_10, 2015/12

 被引用回数:19 パーセンタイル:19.61(Multidisciplinary Sciences)

we report, that by means of direct irradiation of lithium fluoride a (LiF) crystal, in situ 3D visualization of the SACLA XFEL focused beam profile along the propagation direction is realized, including propagation inside photoluminescence solid matter. High sensitivity and large dynamic range of the LiF crystal detector allowed measurements of the intensity distribution of the beam at distances far from the best focus as well as near the best focus and evaluation of XFEL source size and beam quality factor M2. Our measurements also support the theoretical prediction that for X-ray photons with energies $$sim$$10 keV the radius of the generated photoelectron cloud within the LiF crystal reaches about 600 nm before thermalization. The proposed method has a spatial resolution 0.4-2.0 micron for photons with energies 6-14 keV and potentially could be used in a single shot mode for optimization of different focusing systems developed at XFEL and synchrotron facilities.

論文

Full-coherent free electron laser seeded by 13th- and 15th-order harmonics of near-infrared femtosecond laser pulses

佐藤 尭洋*; 岩崎 純史*; 大和田 成起*; 山内 薫*; 高橋 栄治*; 緑川 克美*; 青山 誠; 山川 考一; 富樫 格*; 深見 健司*; et al.

Journal of Physics B; Atomic, Molecular and Optical Physics, 46(16), p.164006_1 - 164006_6, 2013/08

 被引用回数:3 パーセンタイル:77.09(Optics)

自由電子レーザー(FEL)は、自己増幅自発放射方式を用いているため、発振したレーザー光のスペクトルや時間波形がスパイク状構造になる欠点がある。この問題点を解決するために、短波長光源である高次高調波をFELにインジェクションし、スペクトルや時間波形にスパイク構造のない極端紫外領域のシード型FELの研究開発を進めている。高次高調波を発生させるドライブレーザーである高出力フェムト秒・チタンサファイアCPAレーザーシステムは、これまで原子力機構で培ったレーザー技術を設計に活かし、レーザーシステムの構築を行った。そして、このドライブレーザーをXeガス中に集光して得られる13次高調波(波長61.7nm)、15次高調波(波長53.4nm)をシード光としてFELへインジェクションし、極端紫外領域でシード型FEL(波長61.2nm)の発振に世界で初めて成功した。また、シードFEL光のコントラスト比についても検討した。この結果について発表する。

論文

Optical features of a LiF crystal soft X-ray imaging detector irradiated by free electron laser pulses

Pikuz, T.; Faenov, A.*; 福田 祐仁; 神門 正城; Bolton, P.; Mitorfanov, A.*; Vinogradov, A.*; 永園 充*; 大橋 治彦*; 矢橋 牧名*; et al.

Optics Express (Internet), 20(4), p.3424 - 3433, 2012/02

 被引用回数:20 パーセンタイル:26.74(Optics)

Optical features of point defects photoluminescence in LiF crystals, irradiated by soft X-ray pulses of the Free Electron Laser were measured. We found that peak of photoluminescence spectra lies near of 530 nm. Our results suggest that redistribution of photoluminescence peak intensity from red to green part of the spectra is associated with a shortening of the applied for irradiation of LiF laser pulses down to pico - or femtosecond durations. Dependence of peak intensity of photoluminescence spectra from the soft X-ray irradiation fluence was measured and the absence of quenching phenomena, even at relatively high fluencies was found, which is very important for wide applications of LiF crystal X-ray imaging detectors.

論文

Observation of free-electron-laser-induced collective spontaneous emission (superfluorescence)

永園 充*; Harries, J.; 岩山 洋士*; 富樫 格*; 登野 健介*; 矢橋 牧名*; 仙波 泰徳*; 大橋 治彦*; 石川 哲也*; 繁政 英治*

Physical Review Letters, 107(19), p.193603_1 - 193603_5, 2011/11

 被引用回数:29 パーセンタイル:18.34(Physics, Multidisciplinary)

We have observed and characterized 501.6 nm collective spontaneous emission (superfluorescence) following 1$$s$$$$^2rightarrow$$1$$s$$3$$p$$ excitation of helium atoms by 53.7 nm free-electron laser radiation. Emitted pulse energies of up to 100 nJ ($$sim$$10$$^{{11}}$$ photons) are observed, corresponding to a photon number conversion efficiency of up to 10%. We observe the peak intensity to scale as $$rho^2$$, and the pulse width and delay with respect to the pump pulse to scale as $$rho^{-1}$$, where $$rho$$ is the atom number density. Emitted pulses as short as 1 ps are observed, which corresponds to a rate around 75000 times faster than the spontaneous 1$$s$$3$$p$$$$rightarrow$$1$$s$$2$$s$$ decay rate. To our knowledge this is the first observation of superfluorescence following pumping in the extreme ultraviolet wavelength region, and extension of the technique to the generation of EUV and X-ray superfluorescence pulses should be straightforward by using suitable atomic systems and pump wavelengths.

論文

Ablation of insulators under the action of short pulses of X-ray plasma lasers and free-electron lasers

Inogamov, N. A.*; Anisimov, S. I.*; Petrov, Y. V.*; Khokhlov, V. A.*; Zhakhovskii, V. V.*; Faenov, A. Ya.*; Pikuz, T.; Fortov, V. E.*; Skobelev, I. Y.*; 加藤 義章*; et al.

Journal of Optical Technology, 78(8), p.473 - 480, 2011/08

 被引用回数:5 パーセンタイル:67.52(Optics)

An experimental and theoretical study has been carried out of the ablation of a solid insulator with a wide band gap (LiF) under the action of ultrashort laser pulses of the UV range, obtained in a free-electron laser, and the soft X-ray region, obtained in a silver-plasma laser. A comparison is made of the results obtained on the two laser systems. It is shown that the ablation threshold is about the same for both lasers. A theory is presented that explains the weak growth of the ablation mass with increasing surface energy density of the laser radiation (the fluence) in the case of X-ray lasers as a result of the transition from spallation close to the ablation threshold to evaporative ablation at high fluence values.

論文

Two-temperature warm dense matter produced by ultrashort Extreme Vacuum Ultraviolet-Free Electron Laser (EUV-FEL) pulse

Inogamov, N. A.*; Faenov, A. Ya.*; Zhakhovsky, V. V.*; Pikuz, T. A.*; Skobelev, I. Yu.*; Petrov, Y. V.*; Khokhlov, V. A.*; Shepelev, V. V.*; Anisimov, S. I.*; Fortov, V. E.*; et al.

Contributions to Plasma Physics, 51(5), p.419 - 426, 2011/06

 被引用回数:19 パーセンタイル:30.15(Physics, Fluids & Plasmas)

極短パルス,極端紫外自由電子レーザー(EUV-FEL)パルス(波長:50nm,パルス幅:100fs)をフッ化リチウム(LiF)のような誘電体に照射することで、結晶状態にあるLiFの破砕現象を初めて観測した。低フルーエンスの場合ではLiFの破砕現象が起こり、これがLiFの低いアブレーション閾値の原因となっていることを明らかにした。同様の現象は、ピコ秒パルスの関西光科学研究所X線レーザー装置を用いた実験でも観測されている。この破砕現象は、ナノ秒パルスのX線レーザー装置では観測されておらず、フェムト$$sim$$ピコ秒パルス特有の現象であることをモデル計算から明らかにした。

論文

Extreme ultraviolet free electron laser seeded with high-order harmonic of Ti:sapphore laser

富樫 格*; 高橋 栄治*; 緑川 克美*; 青山 誠; 山川 考一; 佐藤 尭洋*; 岩崎 純史*; 大和田 成起*; 沖野 友哉*; 山内 薫*; et al.

Optics Express (Internet), 19(1), p.317 - 324, 2011/01

 被引用回数:82 パーセンタイル:3.02(Optics)

自由電子レーザー(FEL)は、共振器を使用しない自己増幅自発放射(SASE)方式を用いている。この方式では、自然放射光を種光としてレーザー発振・増幅するため、発振したレーザー光のスペクトルや時間波形がスパイク状構造になる欠点がある。この問題点を解決するために、短波長光源である高次高調波をFELにインジェクションし、スペクトルや時間波形にスパイク構造のないフルコヒーレント化された極端紫外領域のシード型自由電子レーザーの研究開発を進めている。高次高調波を発生させるドライブレーザーである高出力フェムト秒・チタンサファイアCPAレーザーシステムは、これまで原子力機構で培ったレーザー技術を設計に活かし、レーザーシステムの構築を行った。そして、このドライブレーザーをXeガス中に集光して得られる13次高調波(波長61.2nm)をシード光としてFELへインジェクションし、極端紫外領域でシード型FEL(波長61.2nm)の発振に世界で初めて成功した。高次高調波のシーディングによりSASE方式特有のスパイク構造がなくなり、スムーズなスペクトルが得られた。

論文

Beamline for surface and interface structures at SPring-8

坂田 修身*; 古川 行人*; 後藤 俊治*; 望月 哲朗*; 宇留賀 朋哉*; 竹下 邦和*; 大橋 治彦*; 大端 通*; 松下 智裕*; 高橋 直*; et al.

Surface Review and Letters, 10(2&3), p.543 - 547, 2003/04

 被引用回数:122 パーセンタイル:3.84(Chemistry, Physical)

SPring-8に建設された表面界面の結晶構造決定用の新しいビームラインのあらましを述べる。ビームライン分光器のステージは、X線による表面研究のために、強度がより安定になるよう改造を施した。X線エネルギーの関数として、絶対光子密度を測定した。新しい超高真空装置、並びに、それを用いて得られたPt(111)上の酸素分子吸着構造のX線回折測定の結果を紹介する。

論文

Construction and commissioning of a 215-m-long beamline at SPring-8

後藤 俊治*; 竹下 邦和*; 鈴木 芳生*; 大橋 治彦*; 浅野 芳裕; 木村 洋昭*; 松下 智裕*; 八木 直人*; 一色 康之*; 山崎 裕史*; et al.

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, 467-468(Part1), p.682 - 685, 2001/07

イメージング技術開発や、X線光学素子開発,物性研究のためのトモグラフィーや医学イメージング,トポグラフィー研究等を目的とした、最初の中央ビームラインをSPring-8で構築した。この結果、大視野でコヒーレントな光ビームを得ることに成功した。またこのビームラインを用いて、300mmのシリコンクリスタルのone-shotトポグラフのような、予備実験を成功裡に終わることができた。これらについて論じた。

論文

Transport channels of X-ray beamlines at SPring-8

後藤 俊治*; 大橋 治彦*; 竹下 邦和*; 矢橋 牧名*; 山片 正明*; 浅野 芳裕; 石川 哲也*

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, 467-468(Part1), p.813 - 815, 2001/07

 被引用回数:3 パーセンタイル:71.02

SPring-8で建設されているX線ビームラインの輸送チャンネルについて論じた。これらは標準機器や新しく開発された機器よりなっている。ビームラインは高分解能非弾性散乱ビームラインのような約10mの特種なアンジュレータービームラインや、約百mの中央ビームライン,及び1000mにおよぶ長さを持つ長尺ビームラインについての輸送チャンネルの遮蔽機器,光学機器等について詳細に議論した。

論文

Construction and commissioning of a 215-m-long beamline at SPring-8

後藤 俊治*; 竹下 邦和*; 鈴木 芳生*; 大橋 治彦*; 浅野 芳裕; 木村 洋昭*; 松下 智裕*; 八木 直人*; 一色 麻衣子*; 山崎 裕史*; et al.

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, 467-468(Part1), p.682 - 685, 2001/07

 被引用回数:121 パーセンタイル:0.89(Instruments & Instrumentation)

大型放射光施設SPring-8には、発光点から実験ステーションまでの距離が215メートルある中尺ビームラインがある。そのうちの、偏向電磁石ビームラインであるBL20B2の建設及びコミッショニングをおこなった。

口頭

極端紫外自由電子レーザーとフッ化リチウム画像計測器とを用いた物質のイメージング

福田 祐仁; Faenov, A. Y.; Pikuz, T. A.*; 永園 充*; 東谷 篤*; 富樫 格*; 矢橋 牧名*; 木村 洋昭*; 大橋 治彦*; 石川 哲也*

no journal, , 

X線自由電子レーザー(XFEL)のプロトタイプ機として整備が進められている極端紫外自由電子レーザー(EUVFEL)とフッ化リチウム(LiF)製の放射線画像検出器とを用い、EUVFELの空間コヒーレンス分布の計測、及び、LiF画像検出器のEUV領域でのダイナミックレンジの評価を行うためのイメージング実験を行った。その結果、金属メッシュ,アルミフィルター等のシングルショットイメージの取得に成功した。このイメージの解析から、LiF検出器は、EUVFEL光のシングルショットでも十分な感度を有する、EUVFEL光の空間コヒーレンスは極めてよい、この観測を行った位置でのEUVFELのビーム径は9.0$$times$$8.4mm(半値全幅)である等、のことを明らかにした。

口頭

フッ化リチウム(LiF)放射線検出器によるEUVFELの集光スポット計測

福田 祐仁; Faenov, A. Y.; Pikuz, T. A.*; 大橋 治彦*; 仙波 泰徳*; 永園 充*; 登野 健介*; 富樫 格*; 矢橋 牧名*; 石川 哲也*

no journal, , 

LiF放射線検出器を用いて、汎用集光システムによって集光された極端紫外自由電子レーザー(EUVFEL)の集光スポット形状の精密測定を行った。実験では、LiF放射線検出器を集光点付近に設置し、EUVFELをシングルショットで照射しながら、LiF放射線検出器をレーザービーム軸に沿って移動させた。レーザー照射によりLiF放射線検出器の表面にカラーセンターが生成し、集光スポット形状が記録される。測定の結果、スポット形状には収差による歪みが見られることが明らかになった。また、集光点(トランシット基準)よりも、上流側1mm付近に集光していた。また、集光スポットの中心付近ではLiF結晶のアブレーションが起こっていることを示唆するシグナルが得られた。

口頭

Observation and modeling ablation threshold features of dielectrics irradiated by ultrashort pulses of soft X-ray transient collisional and free electron lasers

Inogamov, N. A.*; Faenov, A. Y.; Pikuz, T.*; Zhakhovski, V.*; Skobelev, I.*; Khokhlov, V.*; Anisimov, S. I.*; Fortov, V. E.*; 福田 祐仁; 加藤 義章*; et al.

no journal, , 

The results of theoretical and experimental studies of ablation of LiF crystal by X-ray laser and FEL beams having photons with 89.3 eV and 20 eV with very short duration of pulse 7 ps and 300 fs are presented. It is found that the crater is formed for fluencies above the threshold Fabl about 10 mJ/cm$$^{2}$$: Such a small threshold is one order of magnitude less than the one obtained for X-ray ablation by longer (nanoseconds) pulses. The theory explains this dramatic difference as a change-over from more energy consuming evaporative ablation to spallative ablation, when the pulse duration decreases from ns to ps time ranges. We demonstrate that tensile stress created in dielectrics by short X-ray pulse can produce spallative ablation of target even for drastically small X-ray fluencies, which open new opportunities for material nano processing.

口頭

Low-threshold ablation of dielectrics irradiated by ultrashort pulses of soft X-ray transient collisional and free electron lasers; Observation and modeling

Faenov, A. Y.; Pikuz, T.*; Inogamov, N. A.*; Zhakhovski, V.*; Skobelev, I.*; Khokhlov, V.*; Anisimov, S. I.*; Fortov, V. E.*; 福田 祐仁; 加藤 義章*; et al.

no journal, , 

Theoretical and experimental studies of ablation of LiF crystal by X-ray laser and FEL beams were provided. It was found a very low ablation threshold for both types of irradiation. Such a small threshold is one order of magnitude less than the one obtained for X-ray ablation by longer (nanoseconds) pulses or 2 orders smaller than arradiated by fs visible pulses. The theory explains this dramatic difference as a change-over from more energy consuming evaporative ablation to spallative ablation, when the pulse duration decreases from ns to ps time ranges.

口頭

Multi-atom, multi-photon collective decay (superfluorescence) following EUV-FEL pumping of He

永園 充*; Harries, J.; 岩山 洋士*; 富樫 格*; 登野 健介*; 矢橋 牧名*; 仙波 泰徳*; 大橋 治彦*; 石川 哲也*; 繁政 英治*

no journal, , 

Superfluorescence is a collective, multi-atom, multi-photon decay process which can occur when a population inversion is created in a large number of atoms with sufficient number density. We create indirectly such an inversion on the helium 3p$$rightarrow$$2s transition by pumping using 53.7 nm EUV Free-electron laser (FEL) radiation at the SPring-8 Compact SASE Source (SCSS) test accelerator beamline, producing swept inversion in a 44 mm cube gas cell. Intense, highly-directional (divergence $$<$$ 20 mrad), linearly-polarised radiation at 501.7 nm is emitted in the direction of the incident beam. We have studied the characteristics of the emitted pulses using a streak camera and a calibrated photodiode.

口頭

Coherent spontaneous decay following multi-atom excitationwith FEL pulses; Prospects for X-ray superradiance from clusters

Harries, J.; 永園 充*; 岩山 洋士*; 富樫 格*; 登野 健介*; 矢橋 牧名*; 仙波 泰徳*; 大橋 治彦*; 石川 哲也*; 繁政 英治*

no journal, , 

Recently we have observed superfluorescence following 1s$$^2 rightarrow$$ 1s np excitation in helium using 100 fs pulses from the SPring-8 Compact SASE Source (SCSS) test accelerator beamline. One requirement for collective decay (as opposed to the competing natural decay and amplified spontaneous emission) is that the inter-atom spacing must be less than the wavelength of the emitted radiation. For visible radiation this is easily achievable in the gas phase, but for shorter wavelengths, clusters and other nano-scale particles present an ideal opportunity for observing and exploiting this mode of decay, which competes with all other decay mechanisms, including Auger. The potential for observing X-ray superradiance from multiphoton excited clusters has been described previously, but to our knowledge never been observed experimentally. We present details of our study in atomic helium gas, and discuss prospects for the extension to clusters and other nano-sized particles.

口頭

極紫外自由電子レーザー誘起による超蛍光の観測

永園 充*; Harries, J.; 岩山 洋士*; 登野 健介*; 富樫 格*; 仙波 泰徳*; 大橋 治彦*; 矢橋 牧名*; 石川 哲也*; 繁政 英治*

no journal, , 

実験はSCSS試験加速器施設で行われた。He原子を試料とし、SCSSからの極紫外自由電子レーザー(EUV-FEL)の波長を1s$$^2$$$$rightarrow$$1s3p共鳴励起相当に合わせ、高濃度のHe原子に照射し、その1s3p$$rightarrow$$1s2s脱励起過程に伴う蛍光(波長=501nm)の時間発展をガス濃度の関数としてストリークカメラにより計測した。He原子濃度が高くなるに従い、遅延時間が短くなり、パルス幅も狭くなっている様子が明確に見いだせた。観測結果の詳細な解析により、EUV-FEL光により励起されたHe原子が、原子集団として蛍光を放出する、超蛍光現象が起きていることが確認された。なお、半導体検出器による強度測定から、入射EUV-FEL光強度に対する超蛍光の変換効率は約10%と見積もられた。超蛍光の観測は、FELの利用研究としては現時点までで唯一のものである。EUV励起による超蛍光は、今回のような可視発光のみならず、1s3p$$rightarrow$$1s2脱励起によるEUV発光においても同様の振る舞いが観測されている。超蛍光は、特殊な環境下で起こる集団的発光現象であり、条件さえ整えば、XFEL励起によるX線超蛍光の観測も可能であると考えられる。SACLAの利用により、研究が大きく進展することが期待される。

口頭

The Near field and far field in situ characterization of soft X-ray laser beam by submicron-resolution LiF crystal X-ray detector

Faenov, A.*; Pikuz, T.; 福田 祐仁; 田中 桃子; 岸本 牧; 石野 雅彦; 錦野 将元; 神門 正城; 河内 哲哉; 永園 充*; et al.

no journal, , 

It was demonstrate high quality, single - shot in situ imaging of the near field and the far field intensity distribution of laser-driven transient-collision plasma and free electron soft X-ray lasers (SXRL) beams with 700 nm spatial resolution by color center formation in LiF crystals. The method based on diffraction of SXRL beams on the periodical structures and registration of diffracted patterns by LiF X-ray detector is proposed. It is demonstrated experimentally and by modeling that such approach allows measuring the intensity, coherence and spectral distribution of SXRL beam across the beam with high accuracy.

口頭

Superfluorescence observed following EUV-FEL excitation of helium gas

Harries, J.; 永園 充*; 岩山 洋士*; 富樫 格*; 登野 健介*; 矢橋 牧名*; 仙波 泰徳*; 大橋 治彦*; 石川 哲也*; 繁政 英治*

no journal, , 

We are currently witnessing rapid progress in the extension of effects now commonplace with visible light lasers towards shorter and shorter wavelengths. Highlights include XFEL-pumped lasing, and electromagnetically-induced transparency. Superfluorescence shares similarities with ASE lasing, but occurs only if several specific conditions are met. We have observed and characterised superfluorescence at a wavelength of 501.7 nm following 1s1s$$rightarrow$$1s3p excitation of helium atoms by 53.7 nm free-electron laser radiation. Emitted pulse energies of up to 100 nJ (10$$^{11}$$) photons were observed, corresponding to a photon number conversion efficiency of up to 10%. We observed the peak intensity to scale as $$rho^2$$, and the pulse width to scale as $$rho^{-1}$$, where $$rho$$ is the atom number density. Emitted pulses as short as 1 ps were observed.

22 件中 1件目~20件目を表示