検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Operation and development on the 500-keV negative-ion-based neutral beam injection system for JT-60U

JT-60U用500keV負イオン中性粒子ビーム入射システムの運転と開発

栗山 正明; 秋野 昇; 海老沢 昇; Grisham, L. R.*; 本田 敦; 伊藤 孝雄; 河合 視己人; 椛澤 稔; 藻垣 和彦; 小原 祥裕; 大賀 徳道; 奥村 義和; 大原 比呂志; 梅田 尚孝; 薄井 勝富; 渡邊 和弘; 山本 正弘; 山本 巧

Kuriyama, Masaaki; Akino, Noboru; Ebisawa, Noboru; Grisham, L. R.*; Honda, Atsushi; Ito, Takao; Kawai, Mikito; Kazawa, Minoru; Mogaki, Kazuhiko; Ohara, Yoshihiro; Oga, Tokumichi; Okumura, Yoshikazu; Ohara, Hiroshi; Umeda, Naotaka; Usui, Katsutomi; Watanabe, Kazuhiro; Yamamoto, Masahiro; Yamamoto, Takumi

JT-60用500keV負イオンNBI装置は、世界で初めての負イオンNBIシステムとして1996年に運転が開始された。イオン源での放電破壊時に発生するサージ電圧によるイオン源や電源で頻発したトラブルの克服,負イオン源の運転パラメータの最適化、などを行いながらビーム性能を向上させた。また大型負イオン源での大きな開発課題であったソースプラズマの非一様性に対して、これを解決するための幾つかの対策を試みられた。この結果、 重水素で403keV,17A、水素で360keV,20Aの負イオンビームが得られた。また重水素ビームでの入射パワーもイオン源2台により400keVで5.8MWまで上昇した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:4.97

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.