検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Rotational bands of $$^{155}$$Gd

$$^{155}$$Gdの回転バンド

早川 岳人; 大島 真澄; 初川 雄一; 片倉 純一; 飯村 秀紀; 松田 誠; 御手洗 志郎*; 清水 良文*; 大坪 慎一*; 静間 俊行; 菅原 昌彦*; 草刈 英榮*

Hayakawa, Takehito; Oshima, Masumi; Hatsukawa, Yuichi; Katakura, Junichi; Iimura, Hideki; Matsuda, Makoto; Mitarashi, Shiro*; Shimizu, Y.*; Otsubo, Shinichi*; Shizuma, Toshiyuki; Sugawara, Masahiko*; Kusakari, Hideshige*

$$^{155}$$Gdの高励起状態を作り、$$^{155}$$Gdから放出される$$gamma$$線を測定することによって、核構造研究を行った。$$^{12}$$Cビームを原研タンデムで加速し、$$^{150}$$Ndの金属ターゲットに照射することによって、($$^{12}$$C,$$alpha$$3n)反応により$$^{155}$$Gdの高励起状態を作り出した。$$^{155}$$Gdは中性子数が比較的多いために、このような核反応によって生成する断面積は小さい。そのために、Si-ballを用いた。GEMINIを用いて$$gamma$$線の多重測定を行った。$$^{155}$$Gdの回転バンドを3個同定した。3/2$$^{-}$$バンドについては高励起状態(25h)まで初めて観測できた。さらに未知の回転状態を発見した。これらの回転状態について、クランキングシェルモデルとTilted Axis Cranking modelで計算を行い、原子核の回転速度が上がるにつれ、回転軸方向が変わる現象があることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:29.39

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.