検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Multi-quasiparticle excitations in $$^{145}$$Tb

$$^{145}$$Tbにおける多準粒子励起

Zheng, Y.*; Zhou, X. H.*; Zhang, Y. H.*; 早川 岳人; 大島 真澄; 藤 暢輔; 静間 俊行; 片倉 純一; 初川 雄一; 松田 誠; 草刈 英榮*; 菅原 昌彦*; 古野 興平*; 小松原 哲郎*

Zheng, Y.*; Zhou, X. H.*; Zhang, Y. H.*; Hayakawa, Takehito; Oshima, Masumi; Toh, Yosuke; Shizuma, Toshiyuki; Katakura, Junichi; Hatsukawa, Yuichi; Matsuda, Makoto; Kusakari, Hideshige*; Sugawara, Masahiko*; Furuno, Kohei*; Komatsubara, Tetsuro*

$$^{145}$$Tbの高スピン状態をタンデムからの$$^{32}$$Sビームと多重$$gamma$$線検出装置GEMINI-IIを用いて、インビーム核分光法により調べた。励起関数,X-$$gamma$$-t, $$gamma$$-$$gamma$$-t同時計数,$$gamma$$線角分布測定を行い、$$^{145}$$Tbの準位構造を約8MeVまで確立した。その特徴からこの核が球形核であること、またN=80奇核の系統性から2MeVまでの準位は$$h_{11/2}$$陽子が$$^{144}$$Gdコアに結合した状態として解釈できることを示した。一方、2MeVより上ではイラスト状態は多準粒子配位であると解釈される。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:48.2

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.