検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

TOPO reversed-phase extraction behavior of rutherfordium in HCl solutions

塩酸中におけるラザホージウムのTOPO逆相抽出クロマトグラフ挙動

豊嶋 厚史; 笠松 良崇; 塚田 和明; 羽場 宏光*; 浅井 雅人; 石井 康雄; 當銘 勇人; 佐藤 哲也; 西中 一朗; 永目 諭一郎; 後藤 真一*; 石山 剛*; 坂牧 雅巳*; 工藤 久昭*; 秋山 和彦*; 大浦 泰嗣*; 菊永 英寿*; 大江 一弘*; 栗林 隆宏*; 篠原 厚*; 末木 啓介*; 横山 明彦*

Toyoshima, Atsushi; Kasamatsu, Yoshitaka; Tsukada, Kazuaki; Haba, Hiromitsu*; Asai, Masato; Ishii, Yasuo; Tome, Hayato; Sato, Tetsuya; Nishinaka, Ichiro; Nagame, Yuichiro; Goto, Shinichi*; Ishiyama, Takeshi*; Sakamaki, Masami*; Kudo, Hisaaki*; Akiyama, Kazuhiko*; Oura, Yasuji*; Kikunaga, Hidetoshi*; Oe, Kazuhiro*; Kuribayashi, Takahiro*; Shinohara, Atsushi*; Sueki, Keisuke*; Yokoyama, Akihiko*

Rf四塩化物錯体へのリン化合物の配位を系統的に調べるために、トリオクチルホスフィンオキシド(TOPO)を抽出剤として用い、塩酸(HCl)系における抽出挙動を同族元素Zr, Hfとともに調べた。Rfの抽出率はZr, Hfとほぼ同じように2.0-7.0M HClにおいてHCl濃度の増加とともに増加することがわかった。このHCl濃度は以前行ったTBP抽出系で抽出率の変化が観測されたHCl濃度(7.0-8.0M)よりも低い。リン化合物が四塩化物錯体に配位しやすいほど、低いHCl濃度において金属イオンが抽出される。したがって、Rf, Zr, Hfのいずれの四塩化物錯体に対しても、TBPよりもTOPOの方が配位しやすいと考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.