検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Operating experience of the J-PARC linac

J-PARCリニアックの運転経験

長谷川 和男; 浅野 博之; 千代 悦司; 堀 利彦; 伊藤 崇; 小林 鉄也; 近藤 恭弘; 滑川 裕矢; 小栗 英知; 大越 清紀; 鈴木 浩幸; 上野 彰; 山崎 正義; 穴見 昌三*; Fang, Z.*; 福井 佑治*; 池上 清*; 川村 真人*; 内藤 富士雄*; 南茂 今朝雄*; 田中 宏和*; 山口 誠哉*

Hasegawa, Kazuo; Asano, Hiroyuki; Chishiro, Etsuji; Hori, Toshihiko; Ito, Takashi; Kobayashi, Tetsuya; Kondo, Yasuhiro; Namekawa, Yuya; Oguri, Hidetomo; Okoshi, Kiyonori; Suzuki, Hiroyuki; Ueno, Akira; Yamazaki, Masayoshi; Anami, Shozo*; Fang, Z.*; Fukui, Yuji*; Ikegami, Kiyoshi*; Kawamura, Masato*; Naito, Fujio*; Nammo, Kesao*; Tanaka, Hirokazu*; Yamaguchi, Seiya*

J-PARCリニアックは2006年11月にビームコミッショニングを開始し、2007年1月には所定のエネルギーである181MeVの加速に成功した。その後、リニアックは後段の3GeVシンクロトロンのビームコミッショニングのためのビームを供給し、さらに下流の50GeVシンクロトロンや中性子ターゲットのコミッショニングにもビームが用いられた。イオン源はセシウム不使用の負水素イオン源であり、安定なビームを供給し運転時間は3,000時間を越えた。高周波源としては20台の324MHzクライストロンを使用し、平均で6000時間以上、大きなトラブルなく運転を実証した。ここでは、こうしたJ-PARCリニアックの運転経験について報告する。

The beam commissioning of the J-PARC linac started in November 2006 and 181 MeV acceleration was successfully achieved in January 2007. The linac has delivered beams to the 3 GeV Rapid Cycling Synchrotron for its commissioning, and then, the subsequent Main Ring Synchrotron and the neutron target commissioning. The linac uses a Cs-free LaB$$_{6}$$-driven ion source and 20 units of 324 MHz klystrons. As of June 2008, the operation times are about 3,000 and 6,000 hours for the ion source and the RF source, respectively. The operating experience of the linac is described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.