検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of neutron cross sections for yttrium and terbium at 287 MeV

イットリウムとテルビウムに対する287MeV中性子の断面積測定

関本 俊*; 宇都宮 敬*; 八島 浩*; 二宮 和彦*; 尾本 隆志*; 中垣 麗子*; 嶋 達志*; 高橋 成人*; 篠原 厚*; 木下 哲一*; 松村 宏*; 佐藤 大樹; 岩元 洋介; 萩原 雅之*; 西泉 邦彦*; 柴田 誠一*

Sekimoto, Shun*; Utsunomiya, Takashi*; Yashima, Hiroshi*; Ninomiya, Kazuhiko*; Omoto, Takashi*; Nakagaki, Reiko*; Shima, Tatsushi*; Takahashi, Naruto*; Shinohara, Atsushi*; Kinoshita, Norikazu*; Matsumura, Hiroshi*; Satoh, Daiki; Iwamoto, Yosuke; Hagiwara, Masayuki*; Nishiizumi, Kunihiko*; Shibata, Seiichi*

中性子入射反応断面積は、加速器施設の遮蔽設計や宇宙化学における元素合成過程の解明のために必要なデータである。しかし、約100MeV以上のエネルギー領域における実験データは乏しい。本研究では放射化法を用いて、イットリウムとテルビウムに対する287MeV中性子の反応断面積を測定した。実験は大阪大学核物理研究センター(RCNP)において、$$^{7}$$Li(p, n)反応により生成した準単色中性子ビームを用い行った。ビーム軸上に設置したイットリウムとテルビウムのサンプルに準単色中性子ビームを照射し、各サンプルの放射能を測定することにより反応断面積を導出した。また、陽子入射反応断面積を得るために、300MeV陽子ビームをサンプルに照射した実験も行った。発表では、得られた中性子入射反応断面積を示すとともに、陽子入射反応との相違点について考察する。

In this work, we tried to determine reaction cross sections for Y and Tb induced by neutrons at 300 MeV, which have never been reported. The irradiations were carried out using neutrons produced through $$^{7}$$Li(p, n) reaction at N0 beam line in the Research Center for Nuclear Physics (RCNP), Osaka University. To estimate quasi-monoenergetic neutron induced cross sections, the target stacks of Y and Tb were irradiated on the two angles of 0 degree and 30 degree for the axis of the primary proton beam. Neutron cross sections were estimated by subtracting the activities produced in the samples placed on 30 degree from those of 0 degree to correct the contribution of the low energy tail in the neutron spectrum.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.