検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Shielding experiments under JASMIN collaboration at Fermilab, 4; Measurement and analyses of high-energy neutron spectra in the anti-proton target station

フェルミ国立加速器研究所における遮蔽実験,4; 反陽子生成ターゲットステーションにおける高エネルギー中性子スペクトルの測定及び解析

松田 規宏; 春日井 好己; 坂本 幸夫; 中島 宏; 松村 宏*; 岩瀬 広*; 木下 哲一*; 平山 英夫*; 八島 浩*; Mokhov, N.*; Leveling, A.*; Boehnlein, D.*; Vaziri, K.*; Gary, L.*; Wayne, S.*; 大石 晃嗣*; 中村 尚司*; 石橋 健二*; 仁井田 浩二*

Matsuda, Norihiro; Kasugai, Yoshimi; Sakamoto, Yukio; Nakashima, Hiroshi; Matsumura, Hiroshi*; Iwase, Hiroshi*; Kinoshita, Norikazu*; Hirayama, Hideo*; Yashima, Hiroshi*; Mokhov, N.*; Leveling, A.*; Boehnlein, D.*; Vaziri, K.*; Gary, L.*; Wayne, S.*; Oishi, Koji*; Nakamura, Takashi*; Ishibashi, Kenji*; Niita, Koji*

遮蔽設計において、中性子のスペクトル形状及びその強度を推定することは大変重要である。フェルミ国立加速器研究所の反陽子生成ターゲットステーションで得られた遮蔽実験データから、フィッティング及びアンフォールディング法の2つの方法で高エネルギー中性子のスペクトル形状の推定を行った。フィッティング法では、中性子スペクトルが容易に得られ、かつ遮蔽材料の核データと比較しても妥当であった。アンフォールディング法で得られたスペクトル形状は、核データとは整合のとれない結果となった。2つの方法で推定した中性子スペクトルの形状に対して、PHITSコードによる計算結果で検証を行った。

It is important to obtain neutron spectra and its intensity on shielding experiment. Deduction of high-energy neutron spectra were done using fitting and unfolding methods based on the shielding data obtained at the anti-proton (pbar) target station in Fermilab. The neutron spectra for fitting method is useful to be easily obtained and the values gave reasonable results compared with nuclear data. Therefore, that for unfolding methods included inconsistency. Furthermore, the deduced neutron spectra were verified through the calculation analyses by PHITS code.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.