検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Electronic structure of lithium amide

リチウムアミドの電子構造

鎌倉 望; 竹田 幸治  ; 斎藤 祐児 ; 山上 浩志; 坪田 雅己*; Paik, B.*; 市川 貴之*; 小島 由継*; 室 隆桂之*; 加藤 有香子*; 木下 豊彦*

Kamakura, Nozomu; Takeda, Yukiharu; Saito, Yuji; Yamagami, Hiroshi; Tsubota, Masami*; Paik, B.*; Ichikawa, Takayuki*; Kojima, Yoshitsugu*; Muro, Takayuki*; Kato, Yukako*; Kinoshita, Toyohiko*

高容量水素貯蔵材料として期待されている軽元素系水素化物であるリチウムアミドの電子構造についてN 1$$s$$軟X線発光,吸収分光により研究を行った。発光スペクトルの価電子帯上端と吸収スペクトルの伝導帯下端との間には絶縁体であるリチウムアミドのバンドギャップが観測されている。発光スペクトルによって得られた価電子帯は鋭い3ピークが価電子帯上端から約8eVまでのエネルギー範囲に分布している。バンド計算との比較から発光スペクトルの高結合エネルギー側のピークは水素との混成状態によるものであることがわかる。この状態についてはバンド計算よりも高結合エネルギー側に位置しているが、軟X線発光,吸収分光により得られたリチウムアミドの電子構造はバンド計算とほぼ一致することが明らかとなった。

The electronic structure of lithium amide, which is lightweight complex hydride expected as a high-capacity hydrogen storage material, is investigated by N 1$$s$$ soft X-ray emission spectroscopy (XES) and absorption spectroscopy (XAS). The overall feature of the electronic structure of lithium amide by the XES and XAS is consistent with the band calculation, while the strongly hybridized state with H 1$$s$$ is located at higher binding energy than the band calculation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:27.56

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.