検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

NOVAにおける結晶PDF解析の性能検証

Capability of PDF analysis on crystalline material using NOVA

樹神 克明; 池田 一貴*; 坪田 雅己*; 大下 英敏*; 金子 直勝*; 社本 真一; 鈴谷 賢太郎; 大友 季哉*

Kodama, Katsuaki; Ikeda, Kazutaka*; Tsubota, Masami*; Oshita, Hidetoshi*; Kaneko, Naokatsu*; Shamoto, Shinichi; Suzuya, Kentaro; Otomo, Toshiya*

結晶PDF解析法(PDF: atomic Pair Distribution Function原子対相関関数)は、結晶性バルク物質中に含まれる周期性をもたない構造歪みを検出及び決定するうえで、さらにナノスケールの周期性しかもたない結晶性ナノ粒子の構造を決定するうえで非常に有効な手段である。原子対相関関数を導出するためにはパルス中性子を用いて幅広いQ領域の粉末中性子回折データを収集する必要があるが、J-PARCに設置されている高強度汎用全散乱装置NOVAではそれが可能である。そこでNOVAにおける結晶PDF解析手法を確立するために、まずは複数種類の標準試料の中性子回折実験を行い、得られた回折データから原子対相関関数を導出した。その結果、各標準試料においてその結晶構造から期待される原子対相関関数が得られ、NOVAにおける結晶PDF解析法の確立に成功した。さらにSi標準試料で得られた原子対相関関数を、ロスアラモス国立研究所の全散乱装置NPDFで得られたSiの原子対相関関数と比較し、その性能の比較を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.