検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

KEK低速陽電子ビームの高強度・高輝度化とその応用

Increase in the intensity and brightness enhancement of the slow positron beam and its application at the Slow Positron Facility, KEK

和田 健*; 兵頭 俊夫*; 小菅 隆*; 斉藤 祐樹*; 柳下 明*; 池田 光男*; 大澤 哲*; 諏訪田 剛*; 古川 和朗*; 白川 明広*; 設楽 哲夫*; 佐波 俊哉*; 満汐 孝治*; 立花 隆行*; 寺部 宏基*; 鈴木 亮平*; 長嶋 泰之*; 深谷 有喜; 前川 雅樹; 望月 出海; 河裾 厚男

Wada, Ken*; Hyodo, Toshio*; Kosuge, Takashi*; Saito, Yuki*; Yagishita, Akira*; Ikeda, Mitsuo*; Osawa, Satoshi*; Suwada, Tsuyoshi*; Furukawa, Kazuro*; Shirakawa, Akihiro*; Shidara, Tetsuo*; Sanami, Toshiya*; Michishio, Koji*; Tachibana, Takayuki*; Terabe, Hiroki*; Suzuki, Ryohei*; Nagashima, Yasuyuki*; Fukaya, Yuki; Maekawa, Masaki; Mochizuki, Izumi; Kawasuso, Atsuo

本講演では、高エネルギー加速器研究機構(KEK)低速陽電子実験施設の最近の進展について報告する。本施設では、2010年夏に、低速陽電子ビーム生成のためのコンバータ・モデレータユニットを改造し、ビーム強度が一桁増大した。増大したビーム強度を生かして、ポジトロニウム負イオンの分光実験、反射高速陽電子回折(RHEPD)実験、ポジトロニウム飛行時間測定実験を展開してきた。2012年春には、RHEPD実験用に新たにタングステンモデレータを用いた透過型輝度増強ユニットを導入し、質・強度ともに大幅に向上した平行ビームを生成することに成功した。この高強度・高輝度陽電子ビームを用いて、Si(111)-7$$times$$7表面からのRHEPDパターンを測定したところ、従来の$$^{22}$$Na線源を用いたビームでは捉えることができなかった、表面超構造に由来する高次の回折スポットを観測することに成功した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.