検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Rotational level structure of sodium isotopes inside the "island of inversion"

「逆転の島」内のナトリウム同位体の回転準位構造

Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; 武内 聡*; 宇都野 穣; 青井 考*; Li, K.*; 松下 昌史*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; 馬場 秀忠*; 井手口 栄治*; 小林 信之*; 近藤 洋介*; Lee, J.*; 道正 新一郎*; 本林 透*; 大塚 孝治*; 櫻井 博儀*; 武智 麻耶*; 栂野 泰宏*; 米田 健一郎*

Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; Takeuchi, Satoshi*; Utsuno, Yutaka; Aoi, Nori*; Li, K.*; Matsushita, Masafumi*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; Baba, Hidetada*; Ideguchi, Eiji*; Kobayashi, Nobuyuki*; Kondo, Yosuke*; Lee, J.*; Michimasa, Shinichiro*; Motobayashi, Toru*; Otsuka, Takaharu*; Sakurai, Hiroyoshi*; Takechi, Maya*; Togano, Yasuhiro*; Yoneda, Kenichiro*

理化学研究所RIBFにて、中性子過剰ナトリウム同位体$$^{33,34,35}$$Naのエネルギー準位を測定した。中性子数20領域の中性子過剰核は、中性子数20の魔法数が消滅し、大きく変形することが知られているが、その領域がどの程度の中性子数まで続くのかは明らかになっていない。本実験によって、$$^{35}$$Naの励起準位を初めて測定し、$$^{33}$$Naに近いエネルギー準位を持つことを明らかにした。また、$$sd$$殻に$$f_{7/2}$$軌道および$$p_{3/2}$$軌道を加えた大きな模型空間を用いて計算した殻模型計算によって、これらの中性子過剰核のエネルギー準位をよく再現することができた。これらの準位の電磁行列要素の計算から、$$^{35}$$Naも大きく変形していることがわかり、「逆転の島」と呼ばれる中性子数20の魔法数が消滅する領域に含まれることが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:40.37

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.