検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

$$^{18}$$O+$$^{248}$$Cm反応における核子移行核分裂の測定

Measurement of nucleon-transfer fission in $$^{18}$$O + $$^{248}$$Cm reaction

廣瀬 健太郎; 西尾 勝久; L$'e$guillon, R.; Smallcombe, J.; 西中 一朗; 牧井 宏之; Orlandi, R.; 塚田 和明; 千葉 敏*; 大槻 勤*; 田村 信行*; 後藤 真一*

Hirose, Kentaro; Nishio, Katsuhisa; L$'e$guillon, R.; Smallcombe, J.; Nishinaka, Ichiro; Makii, Hiroyuki; Orlandi, R.; Tsukada, Kazuaki; Chiba, Satoshi*; Otsuki, Tsutomu*; Tamura, Nobuyuki*; Goto, Shinichi*

短寿命アクチノイド核種や中性子過剰アクチノイド核種の核分裂を研究するために、我々は多核子移行反応測定システムを構築し、$$^{18}$$O+$$^{238}$$U, $$^{18}$$O+$$^{232}$$Th反応における多核子移行核分裂の測定を行ってきた。今回は$$^{18}$$O+$$^{248}$$Cm反応の測定を行い、$$^{247-250}$$Cm, $$^{249-252}$$Bk, $$^{251-254}$$Cfの核分裂質量分布を得た。実験は原子力研究開発機構のタンデム加速器施設で行った。エネルギー162MeVに加速した$$^{18}$$Oビームを、ニッケル箔に電着した$$^{248}$$Cm標的に照射することでさまざまな複合核を合成した。核子を移行した後の散乱粒子を、シリコン検出器を使って同定することで、複合核の核種を知ることができる。2つの核分裂片を多芯線比例計数検出器を使って、散乱粒子と同時計測することで、合成した複合核の核分裂を観測した。$$^{249}$$Cm, $$^{249-251}$$Bk, $$^{251,253}$$Cfの核分裂質量分布は本測定により初めて得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.