検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

In-beam $$gamma$$-ray spectroscopy of $$^{35}$$Mg via knockout reactions at intermediate energies

中間エネルギーノックアウト反応による$$^{35}$$Mgのインビーム$$gamma$$線分光

籾山 悟至*; Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; 武内 聡*; 新倉 潤*; 青井 考*; Li, K.*; 松下 昌史*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; 馬場 秀忠*; 井手口 栄治*; 木村 真明*; 小林 信之*; 近藤 洋介*; Lee, J.*; 道正 新一郎*; 本林 透*; 清水 則孝*; 武智 麻耶*; 栂野 泰宏*; 宇都野 穣; 米田 健一郎*; 櫻井 博儀*

Momiyama, Satoru*; Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; Takeuchi, Satoshi*; Niikura, Megumi*; Aoi, Nori*; Li, K.*; Matsushita, Masafumi*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; Baba, Hidetada*; Ideguchi, Eiji*; Kimura, Masaaki*; Kobayashi, Nobuyuki*; Kondo, Yosuke*; Lee, J.*; Michimasa, Shinichiro*; Motobayashi, Toru*; Shimizu, Noritaka*; Takechi, Maya*; Togano, Yasuhiro*; Utsuno, Yutaka; Yoneda, Kenichiro*; Sakurai, Hiroyoshi*

理化学研究所の不安定核実験施設RIBFにて、中性子過剰核$$^{35}$$Mgの励起状態を$$^{36}$$Mgおよび$$^{37}$$Alからのノックアウト反応によって生成し、そこからの脱励起$$gamma$$線を観測した。$$^{35}$$Mgは中性子数20魔法数が消滅するとされる「逆転の島」と呼ばれる領域に含まれると考えられており、また、奇核であることから、一粒子状態と集団的状態が結合した興味深い核構造が出現すると期待されている。この実験によって、206keV, 443keV, 616keV, 670keVの4本の$$gamma$$線を観測し、これらを全て基底状態へ脱励起する$$gamma$$線であると仮定して励起準位を構成した。この準位構造、ノックアウト反応の断面積、移行運動量分布を殻模型計算および反対称化分子動力学計算と比較した。二つの計算は、基底状態近傍の高い準位密度などいくつかの特徴的な核構造を再現することに成功し、$$^{35}$$Mgは「逆転の島」に含まれるという描像と無矛盾であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:68.02

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.