検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

噴霧乾燥法によるマイナーアクチノイド分離用吸着材担体の製造

Granulation of silica support for minor actinide recovery by spray drying method

安倍 弘 ; 後藤 一郎*; 宮崎 康典 ; 佐野 雄一 ; 竹内 正行 ; 渡部 雅之; 根本 源太郎*

Ambai, Hiromu; Goto, Ichiro*; Miyazaki, Yasunori; Sano, Yuichi; Takeuchi, Masayuki; Watanabe, Masayuki; Nemoto, Gentaro*

経済産業省から受託した「平成31年度放射性廃棄物の減容化に向けたガラス固化技術の基盤研究事業(ガラス固化技術の基盤整備)」における成果の一部を発表する。放射性廃棄物の減容化及び有害度低減に向けて、マイナーアクチノイドの回収に抽出クロマトグラフィの技術開発を行っている。このうち、充填相に用いる吸着担体を従来の50$$mu$$mよりも大きくすることで、分離操作における圧力損失の抑制、並びに安全性の向上を目指している。本研究では、大川原化工機が所有する回転ディスク搭載の噴霧乾燥装置で粒子製造方法を検討した。原料液の粘度やスノーテックス含有量だけではなく、ディスク回転数を適切に設定することで、100$$mu$$m程度の粒子製造を達成した。また、本粒子を用いることで圧力損失の低下傾向が認められ、大粒径化の効果を確認した。ただし、中空粒子となる傾向が見られており、今後、原料液の組成等を見直すことで改善を図る。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.