検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Spectrum of singly heavy baryons from a chiral effective theory of diquarks

Kim, Y.*; 肥山 詠美子*; 岡 眞; 鈴木 渓

Physical Review D, 102(1), p.014004_1 - 014004_9, 2020/07

 被引用回数:1 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

カイラル対称性に基づく有効理論を、現象論的なクォーク模型の閉じ込めポテンシャルと組み合わせることにより、ヘビークォークを1子含むバリオンの質量や構造の予言をおこなった。とりわけ、ダイクォーク質量の逆ヒエラルキー効果がチャームおよびボトムバリオンの質量準位に反映されることを予言した。

論文

Chiral effective theory of diquarks and the $$U_A(1)$$ anomaly

原田 正康*; Liu, Y.-R.*; 岡 眞; 鈴木 渓

Physical Review D, 101(5), p.054038_1 - 054038_11, 2020/03

 被引用回数:2 パーセンタイル:15.72(Astronomy & Astrophysics)

カイラル対称性に基づく有効理論を用いて、ダイクォークおよびそれを含むヘビーバリオンの質量や構造の解析を行った。特に、有効理論における軸性$$U_A(1)$$アノーマリーの効果について新しい知見を得た。

論文

$$D$$ mesons as a probe of Casimir effect for chiral symmetry breaking

石川 力*; 中山 勝政*; 末永 大輝*; 鈴木 渓

Physical Review D, 100(3), p.034016_1 - 034016_14, 2019/08

 被引用回数:0 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

本論文では、ゼロ温度および有限温度におけるカイラル対称性の自発的破れに対する有限体積効果を検証するために、$$D$$中間子がプローブとして役立つことを示した。まず、2+1フレーバーの構成子クォークを含む線形シグマ模型を用いることで、$$sigma$$平均場に対するCasimir効果を解析した。この解析では、反周期境界条件でカイラル対称性が回復し、周期境界条件で対称性の破れが増幅するという結果が得られた。さらに、有限温度・体積平面における$$sigma$$平均場の相図を示した。$$D$$中間子に対しては、カイラルパートナー構造に基づく有効模型を構築した。ここで、$$D$$中間子質量の体積依存性は、$$sigma$$平均場によって与えられる。$$D_s$$中間子は$$sigma_s$$平均場を含むため、$$D$$中間子と比べて体積変化に対する応答が鈍いことが判明した。高温・周期境界条件においては、$$D$$中間子の質量シフトに異常が見られることを発見し、この振る舞いは将来の格子QCDシミュレーションによる検証で役立つことが期待される。さらに、コンパクト化空間次元の数の依存性も調べた。

論文

$$phi$$ meson production in the forward/backward rapidity region in Cu + Au collisions at $$sqrt{s_{NN}}$$ = 200 GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他505名*

Physical Review C, 93(2), p.024904_1 - 024904_13, 2016/02

AA2015-1019.pdf:0.98MB

 被引用回数:9 パーセンタイル:28.28(Physics, Nuclear)

The PHENIX experiment at the Relativistic Heavy Ion Collider has measured $$phi$$ meson production and its nuclear modification in asymmetric Cu + Au heavy-ion collisions at $$sqrt{s_{NN}}$$ = 200 GeV at both forward Cu-going direction (1.2 $$<$$ y $$<$$ 2.2) backward Au-going direction (-2.2 $$<$$ y $$<$$ -1.2) rapidities. The measurements are performed via the dimuon decay channel and reported as a function of the number of participating nucleons, rapidity, and transverse momentum. In the most central events, 0% - 20% centrality, the $$phi$$ meson yield integrated over 1 $$< p_T <$$ 5 GeV/$$c$$ prefers a smaller value, which means a larger nuclear modification, in the Cu-going direction compared to the Au-going direction. Additionally, the nuclear-modification factor in Cu + Au collisions averaged over all centrality is measured to be similar to the previous PHENIX result in $$d$$ + Au collisions for these rapidities.

論文

Dielectron production in Au + Au collisions at $$sqrt{s_{NN}}$$ = 200 GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他440名*

Physical Review C, 93(1), p.014904_1 - 014904_34, 2016/01

AA2015-0856.pdf:3.7MB

 被引用回数:37 パーセンタイル:3.03(Physics, Nuclear)

We present measurements of $$e^+e^-$$ production at midrapidity in Au + Au collisions at $$sqrt{s_{NN}}$$ = 200 GeV. The invariant yield is studied within the PHENIX detector acceptance over a wide range of mass ($$m_{ee} < 5$$ GeV/$$c^2$$) and pair transverse momentum ($$p_T<5$$ GeV/$$c$$) for minimum bias and for five centrality classes. The $$e^+e^-$$ yield is compared to the expectations from known sources. In the low-mass region ($$m_{ee}=$$0.30-0.76 GeV/$$c^2$$) there is an enhancement that increases with centrality and is distributed over the entire pair $$p_T$$ range measured. It is significantly smaller than previously reported by the PHENIX experiment and amounts to $$2.3 pm 0.4({rm stat}) pm 0.4({rm syst}) pm 0.2({rm model})$$ or to $$1.7 pm 0.3({rm stat}) pm 0.3({rm syst}) pm 0.2({rm model})$$ for minimum bias collisions when the open heavy-flavor contribution is calculated with pythia or mc@nlo, respectively. The inclusive mass and $$p_T$$ distributions, as well as the centrality dependence, are well reproduced by model calculations where the enhancement mainly originates from the melting of the $$rho$$ meson resonance as the system approaches chiral symmetry restoration. In the intermediate-mass region ($$m_{ee}=$$1.2-2.8 GeV/$$c^2$$), the data hint at a significant contribution in addition to the yield from the semileptonic decays of heavy-flavor mesons.

口頭

D中間子におけるCasimir効果とカイラル対称性の自発的破れ

鈴木 渓; 石川 力*; 中山 勝政*; 末永 大輝*

no journal, , 

D中間子はカイラル凝縮に対するシンプルなプローブであることが期待される。QCD真空においてCasimir効果を考えるとき、QCD真空の非摂動的性質は系の体積や境界条件に伴い変化する。本講演では、Casimir効果によるカイラル対称性の自発的破れの変化と、それに対するD中間子の応答に着目し、カイラルパートナー構造に基づく有効ラグランジアンを用いることで、体積・境界条件・温度依存性や格子QCDシミュレーションへの応用などについて議論を行う。

口頭

Axial U(1) symmetry in high temperature phase of two-flavor QCD

鈴木 渓

no journal, , 

本講演では、JLQCD Collaborationによって生成された$$N_f=2$$動的クォークを含む格子QCDシミュレーションを用いて、カイラル対称性が回復した高温相における観測量(軸性U(1)対称性、トポロジカルチャージ、ディラック固有値スペクトル、メソン相関関数、メソン遮蔽質量など)について最新の結果を報告する。ゲージ配位はメビウス・ドメインウォール・フェルミオンを用いて生成されるが、再重み付け法を用いることでオーバーラップ・フェルミオンに対する観測量を求めることが可能となる。$$U(1)_A$$感受率やトポロジカル感受率が小さなクォーク質量で抑制されることを示す。さらに、これらの感受率とメソン相関関数の関係について議論する。

口頭

Axial U(1) symmetry and mesonic correlators at high temperature in $$N_f=2$$ lattice QCD

鈴木 渓; 青木 慎也*; 青木 保道*; Cossu, G.*; 深谷 英則*; 橋本 省二*; Rohrhofer, C.*

no journal, , 

本講演では、$$N_f=2$$QCDの高温相における連結・非連結メソン相関関数と遮蔽質量の結果を報告する。ゲージ配位はメビウス・ドメインウォール・フェルミオンによって生成されるが、観測量は再重み付け法を用いて計算されるため、厳密なカイラル対称性が満たされる。クォーク質量が小さいとき、軸性$$U(1)$$対称性が回復することを示す。クォーク質量が大きいとき$$U(1)_A$$対称性は破れ、アイソスピン一重項における長距離相関との関係が議論される。

口頭

Chiral effective theory of diquarks and $$U_A(1)$$ anomaly

岡 眞; 原田 正康*; 鈴木 渓; Liu, Y.-R.*

no journal, , 

カイラル対称性に基づく有効理論を用いて、ダイクォークおよびそれを含むヘビーバリオンの質量や構造の解析を行った。特に、有効理論における軸性U(1)アノーマリーの効果について新しい知見を得た。

口頭

QCD Casimir効果を用いて探るハドロンのカイラルパートナー構造

鈴木 渓

no journal, , 

D中間子はカイラル凝縮に対するシンプルなプローブであることが期待される。QCD真空においてCasimir効果を考えるとき、QCD真空の非摂動的性質は系の体積や境界条件に伴い変化する。本講演では、Casimir効果によるカイラル対称性の自発的破れの変化と、それに対するD中間子の応答に着目し、カイラルパートナー構造に基づく有効ラグランジアンを用いることで、体積・境界条件・温度依存性や格子QCDシミュレーションへの応用などについて議論を行う。

口頭

Role of diquarks in heavy baryon spectrum

岡 眞

no journal, , 

ヘビーバリオンにおけるダイクォークの役割についてのレヴュートークを行う。カイラル対称性に基づく有効理論を用いて、ダイクォークおよびそれを含むヘビーバリオンの質量や構造の解析を行った。特に、有効理論における軸性U(1)アノーマリーの効果について新しい知見を得た。

11 件中 1件目~11件目を表示
  • 1