検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design study of fusion DEMO plant at JAERI

原研における発電実証プラントの設計研究

飛田 健次; 西尾 敏; 榎枝 幹男; 佐藤 正泰; 礒野 高明; 櫻井 真治; 中村 博文; 佐藤 聡; 鈴木 哲; 安堂 正己; 江里 幸一郎; 林 孝夫; 林 巧; 廣瀬 貴規; 井上 多加志; 河村 繕範; 小泉 徳潔; 工藤 祐介; 栗原 良一; 黒田 敏公*; 松川 誠; 毛利 憲介*; 中村 幸治; 西 正孝; 野本 恭信*; 大森 順次*; 大山 直幸; 坂本 慶司; 鈴木 卓美; 武智 学; 谷川 博康; 土谷 邦彦; 鶴 大悟

Tobita, Kenji; Nishio, Satoshi; Enoeda, Mikio; Sato, Masayasu; Isono, Takaaki; Sakurai, Shinji; Nakamura, Hirofumi; Sato, Satoshi; Suzuki, Satoshi; Ando, Masami; Ezato, Koichiro; Hayashi, Takao; Hayashi, Takumi; Hirose, Takanori; Inoue, Takashi; Kawamura, Yoshinori; Koizumi, Norikiyo; Kudo, Yusuke; Kurihara, Ryoichi; Kuroda, Toshimasa*; Matsukawa, Makoto; Mori, Kensuke*; Nakamura, Yukiharu; Nishi, Masataka; Nomoto, Yasunobu*; Omori, Junji*; Oyama, Naoyuki; Sakamoto, Keishi; Suzuki, Takumi; Takechi, Manabu; Tanigawa, Hiroyasu; Tsuchiya, Kunihiko; Tsuru, Daigo

原研における発電実証プラント設計検討では、中心ソレノイド(CS)の機能に着目して3つの設計オプションを検討中である。これらのうち、主案はCSの機能をプラズマ形状制御に限定してコンパクトにすることによりトロイダル磁場コイルの軽量化を図ったものであり、この設計オプションの場合、主半径5.5m程度のプラズマで3GWの核融合出力を想定する。本プラントでは、Nb$$_{3}$$Al導体による超伝導コイル,水冷却固体増殖ブランケット,構造材として低放射化フェライト鋼,タングステンダイバータなど近未来に見通しうる核融合技術を利用する。プラントの設計思想及び要素技術に対する要請を述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:0.67

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.