検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Response measurement of various neutron dose equivalent monitors in 134-387 MeV neutron fields

134-387MeV中性子場における各種中性子線量当量モニタの応答特性測定

中根 佳弘; 萩原 雅之*; 岩元 洋介; 岩瀬 広*; 佐藤 大樹; 佐藤 達彦; 八島 浩*; 松本 哲郎*; 増田 明彦*; 布宮 智也*; 坂本 幸夫*; 中島 宏; 民井 淳*; 畑中 吉次*; 中村 尚司*

Nakane, Yoshihiro; Hagiwara, Masayuki*; Iwamoto, Yosuke; Iwase, Hiroshi*; Satoh, Daiki; Sato, Tatsuhiko; Yashima, Hiroshi*; Matsumoto, Tetsuro*; Masuda, Akihiko*; Nunomiya, Tomoya*; Sakamoto, Yukio*; Nakashima, Hiroshi; Tamii, Atsushi*; Hatanaka, Kichiji*; Nakamura, Takashi*

J-PARCのような高エネルギー加速器施設における放射線安全管理において、高エネルギー中性子による被ばく線量評価は極めて重要であることから、高エネルギー領域中性子に対する中性子線量当量モニタの測定精度を詳しく調べることが重要である。本研究では、J-PARC施設の放射線安全管理のために開発した高エネルギー対応中性子モニタを含む、4種類の高エネルギー帯域中性子モニタと、おもに20MeV以下の中性子場において広く用いられている3種類の市販の中性子モニタのエネルギー応答特性を、大阪大学RCNPの134-387MeV準単色中性子場を用いて測定し、測定結果の比較を行うとともに、場の中性子スペクトルと線量換算係数から求めた場の線量率との比較を行った。その結果、高エネルギー帯域モニタによる測定結果は場の線量率を再現若しくはわずかに上回ったのに対し、従来型モニタでは高エネルギー帯域モニタの10-30%程度の線量率となり、場の線量を過小評価する結果となった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.