検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurements of the neutron activation cross sections for Bi and Co at 386 MeV

386MeV中性子に対するBi及びCoの放射化断面積の測定

八島 浩*; 関本 俊*; 二宮 和彦*; 笠松 良崇*; 嶋 達志*; 高橋 成人*; 篠原 厚*; 松村 宏*; 佐藤 大樹; 岩元 洋介; 萩原 雅之*; 西泉 邦彦*; Caffee, M.*; 柴田 誠一*

Yashima, Hiroshi*; Sekimoto, Shun*; Ninomiya, Kazuhiko*; Kasamatsu, Yoshitaka*; Shima, Tatsushi*; Takahashi, Naruto*; Shinohara, Atsushi*; Matsumura, Hiroshi*; Satoh, Daiki; Iwamoto, Yosuke; Hagiwara, Masayuki*; Nishiizumi, Kunihiko*; Caffee, M.*; Shibata, Seiichi*

GeV領域までの中性子に対する放射化断面積は、加速器施設で生成される高エネルギー中性子の線量評価のために必要なデータである。しかし実験値の不足から、約20MeV以上のエネルギー領域において十分な精度を持つ放射化断面積データが整備されていない。本研究では、大阪大学核物理研究センター(RCNP)において開発した準単色中性子場を用いて、BiとCoの放射化断面積を測定した。使用した準単色中性子場は、386MeVのピーク成分と、より低エネルギーの成分を持つ。実験では、ビーム軸に対して0度と25度の2角度で照射を行い、25度のデータを差し引くことにより、低エネルギー成分を除去した。照射試料の放射能は、高純度ゲルマニウム検出器にて測定した。発表では、取得した実験値と同エネルギー領域における中性子及び陽子に対する他の実験値と比較する。また、汎用モンテカルロコードPHITSの計算値との比較結果も報告する。

The neutron activation cross sections up to GeV are important for the neutron dosimetry of the radiation field in high-energy and high-intensity accelerator facilities for a project of intense spallation neutron source. But the evaluation of neutron activation cross section data is not enough above 20 MeV because experimental data are still scarce. This study aimed to measure the neutron activation cross sections of Bi and Co by using a quasi-monoenergetic neutron field. In this symposium, we will present obtained experimental cross section data with the other experimental data (neutron-induced and proton-induced), the calculated data by PHITS code and the evaluated nuclear data.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:73.24

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.