検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

KEK低速陽電子実験施設の現状; 新ビームライン分岐と実験ステーションの再配置

Present status of the KEK-IMSS Slow Positron Facility; A New beam-line branch and a rearrangement of the experiment stations

和田 健*; 望月 出海*; 兵頭 俊夫*; 小菅 隆*; 斉藤 裕樹*; 濁川 和幸*; 設楽 哲夫*; 大澤 哲*; 池田 光男*; 白川 明広*; 古川 和朗*; 佐波 俊哉*; 満汐 孝治*; 鈴木 亮平*; 寺部 宏基*; 飯田 進平*; 長嶋 泰之*; 深谷 有喜; 前川 雅樹; 河裾 厚男; 藤浪 真紀*; 立花 隆行*; 平山 孝人*; 白澤 徹郎*; 高橋 敏男*

Wada, Ken*; Mochizuki, Izumi*; Hyodo, Toshio*; Kosuge, Takashi*; Saito, Yuki*; Nigorikawa, Kazuyuki*; Shidara, Tetsuo*; Osawa, Satoshi*; Ikeda, Mitsuo*; Shirakawa, Akihiro*; Furukawa, Kazuro*; Sanami, Toshiya*; Michishio, Koji*; Suzuki, Ryohei*; Terabe, Hiroki*; Iida, Shimpei*; Nagashima, Yasuyuki*; Fukaya, Yuki; Maekawa, Masaki; Kawasuso, Atsuo; Fujinami, Masanori*; Tachibana, Takayuki*; Hirayama, Takato*; Shirasawa, Tetsuro*; Takahashi, Toshio*

高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所の低速陽電子実験施設では、ライナックベースの大強度低速陽電子ビームを共同利用に供している。2012年春に、日本原子力研究開発機構の協力を得て、反射高速陽電子回折(RHEPD)用に透過型の輝度増強ユニットを導入した。これにより、$$^{22}$$Naベースの陽電子ビームと比較して、ビームの輝度が約3600倍上がり、ビーム強度は約60倍向上した。この輝度増強ビームを用いてSi(111)-7$$times$$7表面におけるRHEPD実験を行ない、全反射臨界角以下の領域で、最表面原子層からのみの明瞭な回折像を観測することに成功した。近年成果が上がっている上記RHEPD実験とポジトロニウム負イオン分光実験を次の段階に進めるために、地下1階部分の多数のコイル用電源を実験と干渉しないスペースへ移動して、より広い実験スペースを確保した。ロングパルスモードを使用するRHEPD実験は地下1階で、ショートパルスモードを使用するポジトロニウム負イオン実験とポジトロニウム飛行時間測定実験を地上1階で行うよう、ステーションの再配置を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.