検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mathematical Modeling of Radioactive Contaminants in the Fukushima Environment

福島環境の放射性物質による汚染の数理モデル

北村 哲浩; 操上 広志; 山口 正秋; 小田 好博; 齋藤 龍郎; 加藤 智子; 新里 忠史; 飯島 和毅; 佐藤 治夫; 油井 三和; 町田 昌彦; 山田 進; 板倉 充洋; 奥村 雅彦 ; 大西 康夫*

Kitamura, Akihiro; Kurikami, Hiroshi; Yamaguchi, Masaaki; Oda, Yoshihiro; Saito, Tatsuo; Kato, Tomoko; Niizato, Tadafumi; Iijima, Kazuki; Sato, Haruo; Yui, Mikazu; Machida, Masahiko; Yamada, Susumu; Itakura, Mitsuhiro; Okumura, Masahiko; Onishi, Yasuo*

福島第一原子力発電所事故に伴い環境に放出されその後地表に降下した放射性物質の分布を予測することは重要で、速やかに進めて行く必要がある。このような予測を行うために、放射性物質として特に放射性セシウムに着目し、現在複数の数理モデルを開発している。具体的には、土壌の表層流出に伴う放射性セシウムの移行については土壌流亡予測式を用いた流出解析、河川における核種移行については河川解析コードTODAM・iRICを用いた移行解析、河口域における土砂堆積については3次元解析コードROMS等を応用した堆積解析を行っている。また、セシウムと土壌の吸着メカニズムについては分子原子レベルの分子挙動計算法を用いた解析を開始しており、最終目標として吸着係数等の把握を目指している。

The prediction of the distribution and fate of radioactive materials eventually deposited at surface in the Fukushima area is one of the main objectives and expected to be achieved in an efficient manner. In order to make such prediction, a number of mathematical models of radioactive contaminants, with particular attention on cesium, on the land and in rivers, lakes, and estuaries in the Fukushima area are developed. Simulation results are examined with the field investigations simultaneously implemented. The basic studies of the adsorption/absorption mechanism of cesium and soils have been performed to shed light on estimating distribution coefficient between dissolved contaminant and particulate contaminant.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:43.49

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.