検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

エネルギー分析型中性子イメージング装置RADENの現状

Current status of the energy-resolved neutron imaging system RADEN

篠原 武尚; 甲斐 哲也 ; 及川 健一; 瀬川 麻里子; 中谷 健 ; 廣井 孝介; Su, Y.; 林田 洋寿*; 松本 吉弘*; Parker, J. D.*; 關 義親; 上野 若菜; 鬼柳 善明*

Shinohara, Takenao; Kai, Tetsuya; Oikawa, Kenichi; Segawa, Mariko; Nakatani, Takeshi; Hiroi, Kosuke; Su, Y.; Hayashida, Hirotoshi*; Matsumoto, Yoshihiro*; Parker, J. D.*; Seki, Yoshichika; Ueno, Wakana; Kiyanagi, Yoshiaki*

J-PARC物質・生命科学実験施設(MLF)のBL22に設置されたエネルギー分析型中性子イメージング装置「螺鈿」(RADEN)は、MW級のパルス中性子実験施設に建設された世界最初のイメージング実験装置であり、短パルス中性子の特徴を高度に活用した本格的なエネルギー分析型中性子イメージング実験(ブラッグエッジ・共鳴吸収・偏極中性子イメージング)が実施可能である。本装置は2015年度の共用運転開始以降、国内外のユーザーによる本格的な実験成果が出つつある状況であり、また、並行してパルス中性子イメージング手法開発が装置グループを中心に継続して進められている。本発表では、これまでの螺鈿の利用状況ならびに現在進められている手法開発、応用研究の最新の状況について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.