検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

R&D on safeguards environmental sample analysis at JAERI

原研における保障措置環境分析にかかわる研究開発

桜井 聡; 間柄 正明; 臼田 重和; 渡部 和男; 江坂 文孝; 平山 文夫; Lee, C. G.; 安田 健一郎; 河野 信昭; 伊奈川 潤; 鈴木 大輔; 福山 裕康; 江坂 木の実; 井口 一成; 市村 誠次; 小野寺 貴史; 國分 陽子; 宮本 ユタカ; 大図 章; Chai, J.; 後藤 基次; Zhang, X.

Sakurai, Satoshi; Magara, Masaaki; Usuda, Shigekazu; Watanabe, Kazuo; Esaka, Fumitaka; Hirayama, Fumio; Lee, C. G.; Yasuda, Kenichiro; Kono, Nobuaki; Inagawa, Jun; Suzuki, Daisuke; Fukuyama, Hiroyasu; Esaka, Konomi; Iguchi, Kazunari; Ichimura, Seiji; Onodera, Takashi; Kokubu, Yoko; Miyamoto, Yutaka; Ozu, Akira; Chai, J.; Goto, Mototsugu; Zhang, X.

IAEAが保障措置の強化策として導入した環境試料分析に対応するため、原研はクリーンルーム施設である高度環境分析研究棟を建設し、極微量核物質の分析技術の開発を進めてきた。2003年までに基本的な技術を開発し、バルク,パーティクル分析双方についてIAEAのネットワーク分析所として認定された。その後、原研は第2期計画として分析技術の高度化開発に取り組んでいる。これまでに、ウラン不純物含有量の少ないスワイプ素材や効果的な粒子回収法などを開発しており、これらは技術的側面からIAEA保障措置制度の強化に貢献している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.