検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Progress of the ITER central solenoid model coil programme

ITER中心ソレノイド・モデル・コイル計画の進展

辻 博史; 奥野 清*; Thome, R.*; Salpietro, E.*; Egorov, S. A.*; Martovetsky, N.*; Ricci, M.*; Zanino, R.*; Zahn, G.*; Martinez, A.*; Vecsey, G.*; 新井 和昭*; 石郷岡 猛*; 加藤 崇; 安藤 俊就; 高橋 良和; 中嶋 秀夫; 檜山 忠雄; 杉本 誠; 細金 延幸; 松川 誠; 三浦 友史; 寺門 恒久; 岡野 潤; 島田 勝弘; 山下 睦樹*; 礒野 高明; 小泉 徳潔; 河野 勝己; 押切 雅幸*; 布谷 嘉彦; 松井 邦浩; 土屋 佳則; 西島 元; 久保 博篤*; 榛葉 透*; 原 英治*; 今橋 浩一*; 宇野 康弘*; 大内 猛*; 大都 起一*; 岡山 順一*; 川崎 勉*; 川辺 勝*; 関 秀一*; 高野 克敏*; 高矢 芳幸*; 田尻 二三男*; 堤 史明*; 中村 恭悠*; 塙 博美*; 若林 宏*; 清水 辰也*; 倉持 勝也*; 小峰 武司*; 田宮 忠俊*; 原田 純子*; 西井 憲治*; Huguet, M.*; Mitchell, N.*; Bessette, D.*; Minerivini, J.*; Vieira, R.*; Michael, P.*; 高安 真*; Bevilacqua, G.*; Maix, R. K.*; Manahan, R.*; Jayakumar, R. J.*; Savoldi, L.*; Herz, W.*; 二ノ宮 晃*

Tsuji, Hiroshi; Okuno, Kiyoshi*; Thome, R.*; Salpietro, E.*; Egorov, S. A.*; Martovetsky, N.*; Ricci, M.*; Zanino, R.*; Zahn, G.*; Martinez, A.*; Vecsey, G.*; Arai, Kazuaki*; Ishigooka, Takeshi*; Kato, Takashi; Ando, Toshinari; Takahashi, Yoshikazu; Nakajima, Hideo; Hiyama, Tadao; Sugimoto, Makoto; Hosogane, Nobuyuki; Matsukawa, Makoto; Miura, Yushi; Terakado, Tsunehisa; Okano, Jun; Shimada, Katsuhiro; Yamashita, Yoshiki*; Isono, Takaaki; Koizumi, Norikiyo; Kawano, Katsumi; Oshikiri, Masayuki*; Nunoya, Yoshihiko; Matsui, Kunihiro; Tsuchiya, Yoshinori; Nishijima, Gen; Kubo, Hiroatsu*; Shimba, Toru*; Hara, Eiji*; Imahashi, Koichi*; Uno, Yasuhiro*; Ouchi, Takeshi*; Otsu, Kiichi*; Okayama, Junichi*; Kawasaki, Tsutomu*; Kawabe, Masaru*; Seki, Shuichi*; Takano, Katsutoshi*; Takaya, Yoshiyuki*; Tajiri, Fumio*; Tsutsumi, Fumiaki*; Nakamura, Takahiro*; Hanawa, Hiromi*; Wakabayashi, Hiroshi*; Shimizu, Tatsuya*; Kuramochi, K.*; Omine, T.*; Tamiya, Tadatoshi*; Harada, Junko*; Nishii, Kenji*; Huguet, M.*; Mitchell, N.*; Bessette, D.*; Minerivini, J.*; Vieira, R.*; Michael, P.*; Takayasu, Makoto*; Bevilacqua, G.*; Maix, R. K.*; Manahan, R.*; Jayakumar, R. J.*; Savoldi, L.*; Herz, W.*; Ninomiya, Akira*

ITERを構成する3群の超伝導コイルでは、中心ソレノイド・コイルが最も高い磁場13Tを0.4T/s以上の速度で急速励起するパルス動作が要求される点で、最も技術的難度の高いコイルである。そこで中心ソレノイド・コイル工学設計の妥当性を確認し、併せてコイルの製作技術を開発する目的で、中心ソレノイド・モデル・コイルの開発が進められてきた。約8年をかけて完成したモデル・コイルの実験がこの程、国際共同作業として原研で実施され、技術開発目標をすべて満足する実験成果と貴重な技術データが得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:14.56

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.