検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

偏極中性子反射率計「写楽」の現状と展望

Current status and perspective of the polarized neutron reflectometer, SHARAKU

武田 全康 ; 山崎 大 ; 林田 洋寿; 久保田 正人; 丸山 龍治  ; 曽山 和彦 ; 朝岡 秀人 ; 山崎 竜也; 吉田 登*; 坂口 佳史*; 水沢 まり*; 平野 辰巳*; 伊藤 崇芳*; 稲村 泰弘 ; 及川 健一  ; 大原 高志*  ; 片桐 政樹*; 金子 耕士  ; 坂佐井 馨 ; 篠原 武尚  ; 鈴木 淳市*; 鈴谷 賢太郎; 高橋 伸明; 藤 健太郎 ; 中谷 健 ; 中村 龍也 ; 山岸 秀志*; 相澤 一也 ; 神山 崇; 新井 正敏; 佐藤 淳一*; 桐山 幸治*

Takeda, Masayasu; Yamazaki, Dai; Hayashida, Hirotoshi; Kubota, Masato; Maruyama, Ryuji; Soyama, Kazuhiko; Asaoka, Hidehito; Yamazaki, Tatsuya; Yoshida, Noboru*; Sakaguchi, Yoshifumi*; Mizusawa, Mari*; Hirano, Tatsumi*; Ito, Takayoshi*; Inamura, Yasuhiro; Oikawa, Kenichi; Ohara, Takashi*; Katagiri, Masaki*; Kaneko, Koji; Sakasai, Kaoru; Shinohara, Takenao; Suzuki, Junichi*; Suzuya, Kentaro; Takahashi, Nobuaki; To, Kentaro; Nakatani, Takeshi; Nakamura, Tatsuya; Yamagishi, Hideshi*; Aizawa, Kazuya; Kamiyama, Takashi; Arai, Masatoshi; Sato, Junichi*; Kiriyama, Koji*

MLFのBL17に設置された偏極中性子反射率計「写楽」は、2012年1月より中性子ビームを受け入れ、3月からは、コミッショニングと並行して一般利用実験を開始した。本反射率計は、MLFで偏極中性子を物性実験に本格的に利用することのできる最初の装置で、反射中性子の偏極度解析も可能である。また、非偏極中性子反射率計としての利用も可能であり、自由表面・界面を除くさまざまな研究テーマに利用できる。発表では、コミッショニングの過程で標準試料を使って得られた「写楽」の基本性能と、今後の整備計画について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.