検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Upgrade of the 3-MeV linac for testing of accelerator components at J-PARC

J-PARCにおける加速器要素試験のための3MeVリニアックの高度化

近藤 恭弘; 平野 耕一郎; 伊藤 崇; 菊澤 信宏; 北村 遼; 森下 卓俊; 小栗 英知; 大越 清紀; 篠崎 信一; 神藤 勝啓; Fang, Z.*; 福井 佑治*; 二ツ川 健太*; 池上 清*; 宮尾 智章*; 南茂 今朝雄*; 大谷 将士*; 柴田 崇統*; 堀 利彦*; 根本 康雄*; 佐藤 福克*; 小林 史憲*; 高橋 大輔*; 田崎 竜太*; 伊藤 雄一*; 加藤 裕子*; 石山 達也*; 澤邊 祐希*

Kondo, Yasuhiro; Hirano, Koichiro; Ito, Takashi; Kikuzawa, Nobuhiro; Kitamura, Ryo; Morishita, Takatoshi; Oguri, Hidetomo; Okoshi, Kiyonori; Shinozaki, Shinichi; Shinto, Katsuhiro; Fang, Z.*; Fukui, Yuji*; Futatsukawa, Kenta*; Ikegami, Kiyoshi*; Miyao, Tomoaki*; Nammo, Kesao*; Otani, Masashi*; Shibata, Takanori*; Hori, Toshihiko*; Nemoto, Yasuo*; Sato, Yoshikatsu*; Kobayashi, Fuminori*; Takahashi, Daisuke*; Tasaki, Ryuta*; Ito, Yuichi*; Kato, Yuko*; Ishiyama, Tatsuya*; Sawabe, Yuki*

J-PARC加速器の要素技術試験に必要な3MeV H$$^{-}$$リニアックを高度化した。イオン源にはJ-PARCリニアックと同じものを用い、RFQは、J-PARCリニアックで2014年まで使用した30mA RFQに代わり新たに製作した50mA RFQを設置した。したがって、このシステムはエネルギー3MeV、ビーム電流50mAとなる。このリニアックの本来の目的は、このRFQの試験であるが、J-PARC加速器の運転維持に必要な様々な機器の試験を行うことができる。加速器は既に試運転が終了しており、測定プログラムが開始されつつある。この論文では、この3MeV加速器の現状について報告する。

We have upgraded a 3-MeV linac at J-PARC. The ion source is same as the J-PARC linac's, and the old 30-mA RFQ is replaced by a spare 50-mA RFQ, therefore, the beam energy is 3 MeV and the nominal beam current is 50 mA. The main purpose of this system is to test the spare RFQ, but also used for testing of various components required in order to keep the stable operation of the J-PARC accelerator. The accelerator has been already commissioned, and measurement programs have been started. In this paper, present status of this 3-MeV linac is presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.